春の輝き

2010-03-19(Fri)
暗いうちに目が覚めた。
窓越しに外を見るが、何も見えない。
少しして、カーテン越しに明かりを感じたので、もう一度、外を見ると、霧が出ていた。

すっかり明るくなって、朝の日差しを一杯に浴びる時間になり、また、外を見ると、もう霧は晴れて、青空が見える。
ふと、屋根を見ると、真っ白だった。
夜中に雪が降ったのだ。

もう、道路には、雪はなかったが、通勤途中、道沿いの山も、真っ白だった。
教会に来て、鐘を鳴らすため、礼拝堂のドアを開けると、一瞬、目に強い眩しさを感じた。
太陽が東にのぼり、山の雪と、屋根に積もっている雪と、サンシュユの融けた雪の滴が、光り輝いていたのだ。
「ああ~、春なんだ!春の光だ!」と、一人つぶやいて、祈りに入った。

IMG_4198abcd.jpg
 ○ 光り輝く、春の朝

祈りが終わると、外に人の気配を感じた。
若い女性、5人が、賑やかに写真を撮っていた。

私を見るや否や、「教会に入れますか」と聞いてきた。
私は、いつものように、教会に案内した。

みんな、土産袋や旅行バックを持っていた。
「どこから来たの?」と聞くと、「土湯温泉に泊まっての帰りです」と答えが返ってきた。
とても若い感じだったので、「大学生?」と聞くと、みんな首を横に振った。

さらに、また、聞いてしまった。
「私達、高校の同級生です。進学が決まったので、卒業記念に温泉に泊まってきました」。
「ああ~、ここにも、春を感じる、卒業、入学があった。
それで、希望に輝いていたんだ」と、感じ入った。

で、彼女らが帰った後、何故か、じっくり考えてしまった。
「え?、高校生?温泉の卒業旅行?何とまた、羨ましいご身分であることか!!」

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

司祭 ヨハネ 橋本光明

Author:司祭 ヨハネ 橋本光明
 Rev.John M.Hashimoto
福島県福島市にある吾妻高原聖アンナ教会の牧師・司祭。
出身地は、福島県いわき市平。
1947年(昭和22年)3月生。
日本聖公会仙台基督教会(宮城県)、鶴岡聖公会(山形県)、米沢聖ヨハネ教会(山形県)、二本松聖マリヤ教会(福島県)、福島聖ステパノ教会(福島県)の牧師および管理牧師、福島聖愛幼稚園の園長として勤務。
挙式組数が、3000組を超え、朝、夕の祈りに、挙式者を覚え、ご家族のご健康と、幸せを祈る毎日です。
モットーは、キリストが、十字架の死を通して、自己犠牲と無償の愛を示された。その愛を、自らも実践し、キリストの愛を、一人でも多くの人に伝えたい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード