カリカリ草って、何ですか?( その1 )

2020-07-19(Sun)
カリカリ草との出会いは、今年5月28日にさかのぼる。
30年前、仕事で行ったことのある美容室を訪ねた。
そこの先生は、私のことを覚えていて、帰り際、草花の苗3個下さった。
10センチほどの弱々しい苗は、今にも枯れそうだった。

DSC06935pd.jpg

その苗は、「カリカリ草」だと、教えてくれた。
私は、初めて聞く名前に、どんな植物か気になった。
家に持ち帰り、毎日水やりをした。
それが私の日課になった。

DSC06958pd.jpg

6月29日になると、背丈は45センチほどに伸びたが、細い茎に細い葉で貧弱だった。
風が吹けば、すぐにも折れそうだったので、円形の囲いで守った。
そのうち、やっとピンクの花芽が見えた。
花色のイメージができたが、その形は、以前と同じ全くわからなかった。
やがて、つぼみ周りの花弁が外側に開き始めたので、開花かと思ったら、元に戻ってしまった。

DSC06965pd.jpg

そして、7月3日になり、花芽がさらに大きく膨らんできた。
まるでイチゴのように赤く、美味しそうだった。

DSC07007pd.jpg

7月8日になると、それは、もうイチゴそのものだった。
一か月以上お付き合いしてきたので、愛着も湧いてきた。

DSC07015pd.jpg

そして、同じ日の午後、花弁は少しずつ開き始めた。
そこに、今までにない花の魅力に、ますます惹き付けられている自分がいた。
そしてさらに、このカリカリ草は、予想外の花に変身することになる。

DSC07027pd.jpg

こちらからは、 ドローンで撮影した聖アンナ教会の動画 を見ることが出来ます。
なお、挙式されたお二人の、お幸せな画像は、こちらからご覧いただけます。Happy Wedding !!
  ( 掲載の画像は、お許しを頂いた挙式者様だけの画像で、挙式者様すべてではございません )


人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg  聖アンナ教会結婚式のイメージ!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

司祭 ヨハネ 橋本光明

Author:司祭 ヨハネ 橋本光明
 Rev.John M.Hashimoto
福島県福島市にある吾妻高原聖アンナ教会の牧師・司祭。
出身地は、福島県いわき市平。
1947年(昭和22年)3月生。
日本聖公会仙台基督教会(宮城県)、鶴岡聖公会(山形県)、米沢聖ヨハネ教会(山形県)、二本松聖マリヤ教会(福島県)、福島聖ステパノ教会(福島県)の牧師および管理牧師、福島聖愛幼稚園の園長として勤務。
挙式組数が、3000組を超え、朝、夕の祈りに、挙式者を覚え、ご家族のご健康と、幸せを祈る毎日です。
モットーは、キリストが、十字架の死を通して、自己犠牲と無償の愛を示された。その愛を、自らも実践し、キリストの愛を、一人でも多くの人に伝えたい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード