釜山の旅(その1)

2017-01-28(Sat)
突然だが、1月18日から20日まで、私は、韓国は釜山に滞在していた。
会社が所属する、全日本冠婚葬祭互助支援協会主催の、
『韓国へ行こう!!プサンの休日3日間』ツアーに、
社命で参加したためだ。

DSC05216pd.jpg

画像は、2日間宿泊した、クラウンハーバーホテル釜山の18階の部屋から見た市内の光景だ。
このツアーの企画は、阪急交通社。
成田から往復航空券、2泊のホテル代、空港からホテルの往復バス代込で、19,800円だった。
もちろん、上記の旅費は、会社が出した。

DSC05215pd.jpg

しかし、釜山への旅行目的、動機がないままの出発だったので、それを危惧した。
釜山といえば、昨年から旧日本軍の慰安婦像について報道されていたので、訪ねた。
日本総領事館前に設置されていたが、分かり易い地図もないので、
韓国の人に道を聞きながら探した。

DSC05220pd.jpg

慰安婦像の右隣には、慰安婦の名簿があり、その数は分からないが、かなりの人数であった。
道を聞きながらの訪問であり、日本人と分かる姿であったのに、誰一人非難する方はおらず、
むしろ、歓迎の笑顔で、一緒に歩きながら道順を教えて頂いた。

DSC05219pd.jpg

慰安婦像の前に、日本総領事館があり、韓国政府へ抗議する態度から閉館していた。
警察官が5名程立ち、周囲を警戒していた。
韓国は現在も臨戦態勢の国であるから、どこでも自由に撮影はできない。
この画像は、警察官の許可を頂いて撮影した。
その警察官たちも、私に対する態度は、紳士的好印象であった。

DSC05224pd.jpg

そこから地下鉄1号線の114番駅・草梁Choryangから乗り、117番駅・凡人Bomilで下りた。
料金は、1300ウオン・約130円。
凡人Bomilには、平和卸売市場、釜山自由卸売市場、釜山鎮卸売市場、南門市場があった。

DSC05228pd.jpg

釜山は港町だから、海産物が豊富だ。
そして、活気があった。
ここには、朝9時に着いたが、意外に静かだった。
10時ころから人の動きが始まった。

DSC05229pd.jpg

豚足の詰め物。

DSC05232pd.jpg

色鮮やかな衣類。

DSC05234pd.jpg

そして、色々な餅の数々。
すべてが、美味しく、そして韓国の人たちは、優しかった。
18年前の夏、私は、ソウル、インチョムにいた。
息子が中学3年の時、日韓交流バスケット試合があり、保護者10名と応援に行ったのだ。
その頃サッカーワールドカップ日韓両国主催で、大いに盛り上がっていた。
最近、その時と比べると両国の関係がうまくいってないと思っていた。
でも、釜山で感じた韓国の人々は温かく、全く変わりなく同じだった。
私は、それを確認できただけでも、釜山に来てよかったと思った。

DSC05237pd.jpg

こちらからは、 ドローンで撮影した聖アンナ教会の動画 を見ることが出来ます。
なお、挙式されたお二人の、お幸せな画像は、こちらからご覧いただけます。Happy Wedding !!
  ( 掲載の画像は、お許しを頂いた挙式者様だけの画像で、挙式者様すべてではございません )


人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg  聖アンナ教会結婚式のイメージ!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

司祭 ヨハネ 橋本光明

Author:司祭 ヨハネ 橋本光明
 Rev.John M.Hashimoto
福島県福島市にある吾妻高原聖アンナ教会の牧師・司祭。
出身地は、福島県いわき市平。
1947年(昭和22年)3月生。
日本聖公会仙台基督教会(宮城県)、鶴岡聖公会(山形県)、米沢聖ヨハネ教会(山形県)、二本松聖マリヤ教会(福島県)、福島聖ステパノ教会(福島県)の牧師および管理牧師、福島聖愛幼稚園の園長として勤務。
挙式組数が、3000組を超え、朝、夕の祈りに、挙式者を覚え、ご家族のご健康と、幸せを祈る毎日です。
モットーは、キリストが、十字架の死を通して、自己犠牲と無償の愛を示された。その愛を、自らも実践し、キリストの愛を、一人でも多くの人に伝えたい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード