吉田画伯が描く、聖アンナ教会!!

2015-09-23(Wed)
聖アンナ教会を描いた絵、第3弾!!
この絵は、今福島県で一番活躍している画家、吉田努画伯の絵だ。
吉田画伯との出会いは、1993年に聖アンナ教会が献堂されてから間もなくだった。
まだアンナガーデンとして完成されていない時期から、
吉田画伯は聖アンナ教会に来られ作品を描いておられた。
この絵は、1997年に描かれた絵だ。

IMG_5774ppdd.jpg

2001年8月に、吉田努作品集 第1巻が発行された。
その時、聖アンナ教会も僅少の協賛をしているが、
その作品集の中に、「絵と絵描き」という文章を載せている。
「絵とは何か」というテーゼに沿って、絵を描く思いを述べているが、
吉田画伯は、画家ゴッホの影響を受けたことに触れていた。
彼の作品は、美大時代、パリ留学時代、日本に戻ってからの絵と、
画風が微妙に変化しているが、その中にゴッホの影響を感じることが出来る。

IMG_5757pd.jpg

吉田努画伯は、1965年9月23日、福島県白河市で誕生した。
今日が、50歳の誕生日だ。
武蔵野美術大学を大学院まで進み、1995年4月、パリに留学し、3年間で300点制作する。
今年2月、東京・銀座 光画廊にて、吉田努油彩展を開催した。
また、今月26日(土)~30日(水)まで、
福島市仲間町4-8にある、ラコパふくしま5Fギャラリーにて、
吉田努油彩展~ふくしま百景~が開催される。
ご都合を見て、ご覧いただきたいと思う。

IMG_5764pd_201509180918018a0.jpg

この絵は、まさに結婚式が終わり、新郎新婦が階段を下りる場面。
沢山の出席者に囲まれ、挙式者は、少し恥ずかしくも感動するところだ。
私は、この筆使いのタッチから、ゴッホの絵が重なって見えた。
教会左脇にロンドンタクシー・オースチンの車が見える。
その右に見える大きな木は、メタセコイア。
現在は、その木を少し西に植替え、そこにアオハダの木が植えられている。

IMG_5762pd.jpg

この絵は、私が大事に保管しているが、
この絵の大きさは、SM(サムホール)サイズ227×158mmで、意外と小さい。
でもそんな小さな絵であっても、吉田画伯の絵は、より大きく見せてくれる。
これからの、ますますのご活躍を期待するところだ。

IMG_5774pd_201509180918165c9.jpg


こちらからは、 ドローンで撮影した聖アンナ教会の動画 を見ることが出来ます。
なお、挙式されたお二人の、お幸せな画像は、こちらからご覧いただけます。Happy Wedding !!
  ( 掲載の画像は、お許しを頂いた挙式者様だけの画像で、挙式者様すべてではございません )


人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg  聖アンナ教会結婚式のイメージ!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

司祭 ヨハネ 橋本光明

Author:司祭 ヨハネ 橋本光明
 Rev.John M.Hashimoto
福島県福島市にある吾妻高原聖アンナ教会の牧師・司祭。
出身地は、福島県いわき市平。
1947年(昭和22年)3月生。
日本聖公会仙台基督教会(宮城県)、鶴岡聖公会(山形県)、米沢聖ヨハネ教会(山形県)、二本松聖マリヤ教会(福島県)、福島聖ステパノ教会(福島県)の牧師および管理牧師、福島聖愛幼稚園の園長として勤務。
挙式組数が、3000組を超え、朝、夕の祈りに、挙式者を覚え、ご家族のご健康と、幸せを祈る毎日です。
モットーは、キリストが、十字架の死を通して、自己犠牲と無償の愛を示された。その愛を、自らも実践し、キリストの愛を、一人でも多くの人に伝えたい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード