終戦記念日を迎えて・・・

2015-08-14(Fri)
明日、先の大戦が終わり、70年のけじめの日を迎える。
日本が70年間1度も戦争をしなかった記念の日だ。
そして、これからも戦争をしない国として、世界に宣言する大切な日だ。
私は、昭和22年生まれなので、成長期に戦争を色々と意識させられた。
近くに防空壕があり、人の集まるところに傷痍軍人が立ち、
戦争の話は、台風の被害と同じくらい、身近な話として聞かされて来た。

70年経ってまた、最近戦争を身近に感じる。
過去の戦争ではなく、これから起こる戦争のことだ。
子供、孫が、その戦争に巻き込まれていく。
それは、映画でもテレビでもない、現実の話だ。
そしてその危機感を持つものが、主張し、叫び始めている。
自分も、戦争を引き起こさないために、何かをしなければならない。
次世代のため、今行動しなければ、ジィジはなぜ戦争を止めなかったと、
孫に問い詰められるに違いない。

一つの意見を掲載した。
毎日新聞月刊文書「毎日夫人」にある、諏訪哲史のうたかたの日々 「矛と矛」がそれだ。
既に読んでおられる方もおられると思うが、私は強く共感したので、お勧めする。

諏訪哲史の「うたかたの日々」・矛と矛201508d

戦争は不思議だ。
いつも国民のためとして起こすが、一番の被害者は、国民だ。
戦争に関しては、政治家を信じていはいけない。
それは、歴史が証明している。
私が実感してきた政治不信は、幾つかのポイントがある。
靖国神社国家護持法、靖国神社は宗教ではないと、うそぶいて来た。
自衛隊は軍隊ではないと、うそぶいて来た。
原発は安全であると、うそぶいて来た。
非核三原則は、「核兵器をもたず、つくらず、もちこませず」という三つの原則からなる、
日本の国是だが、沖縄旅行して知ったが、沖縄の人は、沖縄に核兵器があると認識していた。
私の人生の中で、常に感じさせられたことは、「いつか来た道」、戦争の出来る国にしたいという、
政治家の持つ、大きな野心だ。
決して、政治家を信じては、ならない。

人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg  聖アンナ教会結婚式のイメージ!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

司祭 ヨハネ 橋本光明

Author:司祭 ヨハネ 橋本光明
 Rev.John M.Hashimoto
福島県福島市にある吾妻高原聖アンナ教会の牧師・司祭。
出身地は、福島県いわき市平。
1947年(昭和22年)3月生。
日本聖公会仙台基督教会(宮城県)、鶴岡聖公会(山形県)、米沢聖ヨハネ教会(山形県)、二本松聖マリヤ教会(福島県)、福島聖ステパノ教会(福島県)の牧師および管理牧師、福島聖愛幼稚園の園長として勤務。
挙式組数が、3000組を超え、朝、夕の祈りに、挙式者を覚え、ご家族のご健康と、幸せを祈る毎日です。
モットーは、キリストが、十字架の死を通して、自己犠牲と無償の愛を示された。その愛を、自らも実践し、キリストの愛を、一人でも多くの人に伝えたい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード