我が家に、オニユリが、咲いた!!

2014-07-29(Tue)
今年も、我が家に、オニユリが咲いた。
梅雨の曇天には、あまり目立たないが、梅雨が明け、強い日差しが射してくると、
オニユリは、自己主張を始めたように、美しく輝き始めた。

IMG_6396pd_20140801123836c7b.jpg

10年前、植えたわけでもないのに、オニユリが、たった1本ぽつんと、咲いていた。
花の数も、そう多くはなく、一つ、二つ咲くだけだった。
それが、数年のうちに、花数を増し、その茎も、2本、4本と増えた。
今年は、8本の茎を伸ばし、一つの茎に、5個の花を付け、重そうにしなっている。

IMG_6391pd.jpg

亡くなった義母は、このオニユリを大事に育ててくれた。
私は、雑草を刈ろうとして、何度もこの茎を切り落とし、踏み潰した。
それでも、このユリは、季節がくると、必ず花を付け、暑い日なのに、涼しげに咲いている。
世話をし守ってくれた義母への、恩返しだろうか。
赤く華やかでありながら、周りの木々にマッチして、上品に佇んでいる。
    2011年7月25日のオニユリ

IMG_6374pd.jpg

このオニユリに、時々、お客様が来る。
それは、アゲハチョウだ。
特に、キアゲハが蜜を吸いに来ると、花の色と相俟って、お互いが、とてもきれいに見える。
私は、そのお客様を、ずっと待っていたが、スケジュールが合わず、そのショットをいまだ撮れてない。
家内から、「アゲハチョウが来ているよ!!」と、連絡があるのは、きまって教会に居る時だ。
いつの日か、その画像をお見せしたいと、願っている。

IMG_6402pd_20140801123840b41.jpg

オニユリが咲き、暑い夏を迎えると、8月だ。
8月は、日本の慰霊の月。
沖縄の戦争犠牲者に加え、広島、そして、長崎への原爆投下。
多くの犠牲者を出して、終戦を迎えた。
現憲法の下で、集団的自衛権を誇らしく述べる政治家がいる。
戦争の悲惨さを、お国のためと美化する輩(やから)たちよ!!
この8月、より強く平和を求める声なき声が、さらに大きく叫んでいることを忘れるでないぞ!!

IMG_6414ppd.jpg


人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg  聖アンナ教会結婚式のイメージ!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

司祭 ヨハネ 橋本光明

Author:司祭 ヨハネ 橋本光明
 Rev.John M.Hashimoto
福島県福島市にある吾妻高原聖アンナ教会の牧師・司祭。
出身地は、福島県いわき市平。
1947年(昭和22年)3月生。
日本聖公会仙台基督教会(宮城県)、鶴岡聖公会(山形県)、米沢聖ヨハネ教会(山形県)、二本松聖マリヤ教会(福島県)、福島聖ステパノ教会(福島県)の牧師および管理牧師、福島聖愛幼稚園の園長として勤務。
挙式組数が、3000組を超え、朝、夕の祈りに、挙式者を覚え、ご家族のご健康と、幸せを祈る毎日です。
モットーは、キリストが、十字架の死を通して、自己犠牲と無償の愛を示された。その愛を、自らも実践し、キリストの愛を、一人でも多くの人に伝えたい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード