我が家のツゲ

2014-05-07(Wed)
もう一つ、私が夢中になっている庭木は、ツゲの垣根のことだ。
この垣根は、植えられてもう、20年が過ぎ、立派に育った。
いや、育ちすぎたのか、歩道までせり出し、歩行者に迷惑をかけるほどだった。
部分的に伸びた枝は切り落としていたが、大した効果もないまま過ぎていた。

IMG_3283pd.jpg

去年10月8日、一大決心をして、伐採した。
塀に沿って、約30cmを切り落とした。
これで、歩行者は、頭に枝が当たるのを気にしないで、歩けるようになった。
そして、そこから、私の楽しみが始まった。

IMG_3366ppd.jpg

切り落とされたツゲに、いつ、新しい葉や枝が伸びてくるか、それを待つ楽しみのことだ。
4月末、一つ二つの芽を見つけた時は、感動した。
5月になって、どんどん芽が増えて来ると、私は、一人得意気な気持ちでいた。
芽は、数ミリ単位の大きさで、とても儚そうに見えて、しかし、しっかり成長する逞しさを備えていた。

IMG_3301ppd.jpg

そして、毎朝、新しい芽を発見するのが、日課となった。
また、新しい芽が、どう成長するか、見守るのも、私の仕事となった。
虫が付いていないか、何か病気になっていないか。
とても、気になるところだが、それがまた、楽しい。

IMG_3316ppd.jpg

今、枯れ枝のような垣根が、いつ、青々とした緑の壁になるのだろう。
きっと、何年か掛かるかもしれない。
一つ一つの、小さな葉が集まって、形になっていく。
なんて、素晴らしいことか。
今まで以上に、ツゲの垣根に対して、愛着が持てそうな気がしている。

IMG_3299ppd.jpg


人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg  聖アンナ教会結婚式のイメージ!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

司祭 ヨハネ 橋本光明

Author:司祭 ヨハネ 橋本光明
 Rev.John M.Hashimoto
福島県福島市にある吾妻高原聖アンナ教会の牧師・司祭。
出身地は、福島県いわき市平。
1947年(昭和22年)3月生。
日本聖公会仙台基督教会(宮城県)、鶴岡聖公会(山形県)、米沢聖ヨハネ教会(山形県)、二本松聖マリヤ教会(福島県)、福島聖ステパノ教会(福島県)の牧師および管理牧師、福島聖愛幼稚園の園長として勤務。
挙式組数が、3000組を超え、朝、夕の祈りに、挙式者を覚え、ご家族のご健康と、幸せを祈る毎日です。
モットーは、キリストが、十字架の死を通して、自己犠牲と無償の愛を示された。その愛を、自らも実践し、キリストの愛を、一人でも多くの人に伝えたい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード