被災地を訪ねる・ときわ旅館・聖ヨハネ教会の現状報告(3/3)

2013-06-22(Sat)
ときわ旅館のすぐ近くに、磯山聖ヨハネ教会がある。
日曜学校の子供たちと歩いて、10分ほどだったが、
直線にして、200m、歩いた距離で、350mあった。
もちろん、依然歩いた道は、津波で流され、復興のため造られた砕石の道を進んだ。
ここも、周りの景色がすっかり変わり、はじめ、聖ヨハネ教会の位置が確認できなかった。

IMG_4446pd_20130622104953.jpg

その理由の一つが分かった。
聖ヨハネ教会の建物がなかったからである。
地震と津波の時、周りの建物が崩壊し、教会だけ津波の被災を免れ、一時、避難場所だったと聞いた。
教会の建物は、古く傷んでいたが、持ちこたえたかと、安心していたが、
地震によりさらに痛みが増し、人の集まる教会としては、安全に問題があったのかもしれない。

IMG_4451pd.jpg

なにもない教会跡地。
とても寂しい気持ちにさせられたが、後で、郡山市の三宅哲さん(三宅實さんの実弟)にお聞きしたら、
教会再建計画があると知り、安心した。
聖ヨハネ教会には、ここにしかない歴史がある。
そして、その歴史は続いている。
地震、津波の被害によって、その歴史を閉じてはならない。

IMG_4456pd_20130622105010.jpg

教会正面入口から見て、左奥の位置に当たる場所に、立派な石の建築物があった。
周りがすっかり、木や草に覆われ、何に使われたのか、当時を偲ぶヒントは見つからなかった。
グーグルの航空写真で確認すると、その場所に小さな小屋があったことが分かる。
物置のようでもあるが、何度も教会に行ってても、この別棟の存在は分からなかった。
釜戸のように使われたのか、色々思い浮かべると、想像が尽きない。

下記のグーグルをクリックすると、現在の磯山聖ヨハネ教会の航空写真画像が見られる。
 グーグルgoogle上の磯山聖ヨハネ教会

IMG_4464pd_20130622105019.jpg

教会から、海を眺める。
震災前は、海岸に松林があり、こんなにはっきり海を見渡せることはなかった。
遠くに見えるあたりは、相馬港と原釜尾浜海水浴場。
拡大して見ると、復興した港の大型クレーンが見えた。
その下に見えるのは、海水浴に行った釣師浜海水浴場、河川の復旧工事と、流された田んぼの後。
今頃は、きれいな水田が見られ、海の風も心地よく、心休まる田園風景だった。

IMG_4471pd_20130622105025.jpg

更地になった教会敷地の草の中に、一枚のドアが置き去りにされていた。
大きな十字架のように板が張られ、開き戸のようだ。
教会の画像を見て確認したが、余り開き戸はなく、ほとんど引き戸だ。
どこで使われていたドアだろうか。
ベストリー(礼拝準備室)だろうか。
または、別棟の戸だろうか。

IMG_4481pd.jpg

ドアの痛み具合から見ると、外部に面していたようだ。
私だったら、このドアは保存して、再建の時に使いたい。
いや、私は、板1枚、くぎ一つに、愛着を感じる。
別のドアのものと思われる、金属のノブ。
私は、この錆び具合を見ただけで歴史を感じ、実際に使えなくても、保存したくなる。
何のことはない、単なる貧乏性かもしれないが…。

IMG_4485pd.jpg

教会を離れる時、ひと吹きの風が、教会下のマーガレットの花たちを揺らした。
左右に揺れ、上下にお辞儀した。
私には、ただの花に思えず、何枚も、何枚も、シャッターを切った。
花は、何も話してはくれなかったが、私には、花一つ一つが、聖ヨハネ教会の方々の顔に見え、
懐かしくも、震災に負けない元気さを感じ、勇気を頂いた。

そういえば、先日、聖アンナ教会に、お母さん方の合唱団が練習に来られた時、
一人の奥様が、「私は磯山聖ヨハネ教会の信徒なんです」と、告白された。
「そう、小学校の時、日曜学校があって、礼拝に出席し、洗礼を受けました。
 色んな思い出が、沢山ありました。
 先日、実家が磯山なので、教会に行き、みんなと一緒に片づけにも参加してきました。
 主人は、クリスチャンではないので、福島では、教会から離れていますが、
 こうして、教会で歌うと、とても懐かしく感じますね」。
もう70歳近い、小柄な奥様だったが、このマーガレットのような、とても笑顔の素敵な方だった。

IMG_4507ppd.jpg


人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg
    ここをクリックしてください
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

司祭 ヨハネ 橋本光明

Author:司祭 ヨハネ 橋本光明
 Rev.John M.Hashimoto
福島県福島市にある吾妻高原聖アンナ教会の牧師・司祭。
出身地は、福島県いわき市平。
1947年(昭和22年)3月生。
日本聖公会仙台基督教会(宮城県)、鶴岡聖公会(山形県)、米沢聖ヨハネ教会(山形県)、二本松聖マリヤ教会(福島県)、福島聖ステパノ教会(福島県)の牧師および管理牧師、福島聖愛幼稚園の園長として勤務。
挙式組数が、3000組を超え、朝、夕の祈りに、挙式者を覚え、ご家族のご健康と、幸せを祈る毎日です。
モットーは、キリストが、十字架の死を通して、自己犠牲と無償の愛を示された。その愛を、自らも実践し、キリストの愛を、一人でも多くの人に伝えたい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード