神、降りられるの里

2013-06-08(Sat)
午後6時前、雲に覆われた空が、急に輝き始めた。
私は、声なき声を聞き、カメラを構え、その時を待った。
すると、沈みかけた光が、雲の隙間から漏れ始め、光芒となった。
教会にいると、この光景は珍しくないが、その都度、荘厳な気持ちにさせられる。

キリスト教は、自然崇拝ではない。
しかし、自然の摂理を通し、神のイメージが豊かにされ、神との出会いを感じながら、
己の今の姿が、明らかにされる。
そして、ひたすら神の御心に思いを寄せ、神からのパワーを受けると、自分自身が変えられていく。

IMG_4659pd.jpg

以前、このブログでも触れたが、このとき、私は、聖地に立っていると、意識する。
自分の生きている土地、そこが聖地と思っているからだ。

キリスト教での聖地は、普通、イスラエルのエルサレムなどを指す。
ほとんど、外国だ。
海外旅行愛好者は、飽くなき好奇心を持って、世界各地に出かけるが、
紛争の続いている中近東の聖地は、今まで敬遠されていた。
ところが今、むしろ、人気があるという。
有名なところをほとんど旅行し尽くした人が目指すのは、余り人の行かないところ。
つまりそれが、聖地旅行になったらしい。
聖地といっても、キリストが歩いた土地は、もう地下100メートルくらい下にある。
2000年前そのままの史跡は、ほとんど残っていない。
それでも聖地だと、自分に言い聞かせながら、その地に立って満足する。
だから、聖地に立った感動は、その地から離れると、薄れてしまう。
   2010年1月26日掲載の「聖地について」

IMG_4666pd.jpg

1979年のノーベル平和賞を受賞した、マザーテレサ(1910年8月26日-1997年9月5日)は、修道女として、インドのカルカッタで、「飢えた人、裸の人、家のない人、体の不自由な人、病気の人、必要とされることのないすべての人、愛されていない人、誰からも世話されない人のために働く(神の愛の宣教者会の目的)」仕事をしてこられた。

この仕事に賛同して、世界中から沢山の人がマザーテレサのもとに集まって来たが、
「何をお手伝いしましょうか」というと、マザーテレサは、「あなたの住んでいる街に帰り、そこであなたを必要とされていることを行いなさい」と述べ、
ノーベル賞受賞の時のインタビューでは、「世界平和のために、私たちはどんなことをしたらいいですか」と聞かれると、「家に帰って、家族を愛して下さい」と答えた。

マザーテレサも、自分の生きる場所が聖地であり、神と共に交わる場所と、言いたかったに違いない。

IMG_4674pd.jpg


人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg
    ここをクリックしてください
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

司祭 ヨハネ 橋本光明

Author:司祭 ヨハネ 橋本光明
 Rev.John M.Hashimoto
福島県福島市にある吾妻高原聖アンナ教会の牧師・司祭。
出身地は、福島県いわき市平。
1947年(昭和22年)3月生。
日本聖公会仙台基督教会(宮城県)、鶴岡聖公会(山形県)、米沢聖ヨハネ教会(山形県)、二本松聖マリヤ教会(福島県)、福島聖ステパノ教会(福島県)の牧師および管理牧師、福島聖愛幼稚園の園長として勤務。
挙式組数が、3000組を超え、朝、夕の祈りに、挙式者を覚え、ご家族のご健康と、幸せを祈る毎日です。
モットーは、キリストが、十字架の死を通して、自己犠牲と無償の愛を示された。その愛を、自らも実践し、キリストの愛を、一人でも多くの人に伝えたい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード