我が家のサツキ、咲く!!

2013-05-14(Tue)
昨日、所要あって、仙台の親戚に行ってきた。
天気は良かったが、少し風があり、気温が10℃と寒かった。
福島も、予報より低く、24℃だった。
ところが、今日は、朝から天気が良く、暑くなる気配がした。
気温はぐんぐん上がり、30℃(午後3時3分現在)までいった。
それでいて湿度は、18%だったので、過ごし易かった。

IMG_2448pd.jpg

天気に誘われ、外に出てみると、我が家のサツキが、咲き始めていた。
澄んだ光が、サツキを眩しく照らし、輝いて見えたので、撮影モードにスイッチオン。
朝、9時過ぎのことだった。

IMG_2433pd.jpg

去年、義母が体調を崩し余裕なかったので、サツキの花を撮影出来なかった。
2011年、2010年と、このサツキをブログに掲載しているが、偶然にも、今年と同じ5月14日。
それらを比べると、今年は、花をつけるのが遅い。
やはり、寒い春を、サツキたちも感じているようだ。

IMG_2463pd_20130515060819.jpg

前述の事情で、去年からサツキに、手を掛けられずにいた。
今まで、普通に行われる、剪定、消毒の他、私からの声かけもあった。
それが出来ず、開花時期を迎えたから、きっと不平不満いっぱいのことだろう。
小さな虫が付き、葉にシミが出来、恵まれた環境での開花ではなかった。
それでも、我が家のサツキは、その開花時を迎え、精一杯、咲いてくれた。
感謝、感謝の気持ちで、一杯だ。

IMG_2390pd.jpg

我が家で、今、その他のサツキも咲き始めたが、
それ以上に見事なのが、アキタフキだ。
直径1m以上もある葉が、庭狭しと広がっている。
このアキタフキは、家内の故郷、秋田県大館市の実家から移植した。
秋田では、このフキを砂糖漬けにして、土産店に並んでいる。
もう移植して8年になるから、すっかり根付いている。

IMG_2481pd.jpg

ところが、このアキタフキに、危機を迎えた。
去年の秋の除染の時だ。
フキの植えた場所が、雨樋の水が流れ落ちる所だったので、他より線量が高かった。
芝、雑草、生垣など、汚染された葉のものは、すべて撤去処分される方向だったから、
一度、アキタフキの存続を諦めた。
除染担当者と何度か話し、深いところの根のみ、残されることになった。
この春、見事にフキノトウが芽を出し、大きな葉を付けるに至った。
機会があれば、一度、アキタフキをご紹介したいと思う。

IMG_2451pd.jpg

除染と言えば、今日、久しぶりに、除染担当者が、家を訪ねてきた。
いよいよ、庭の芝張りが始まるという。
庭の芝が剥がされ、今は枯山水だが、やっと緑が帰ってくる。

IMG_2412pd_20130515060707.jpg

芝が張り終わると、我が家の除染は、すべて完了となる。
福島市の除染作業は、これから標高の低い、市街地へと移行する。
沢山の作業員と、多額の経費、大変な事業だと、作業に立ち会い実感した。
しかし、その割に、その作業効率はと言えば、平均して3割減にとどまる。
平地の除染が進んでも、山林の除染が手つかずだから、原発事故以前に戻るには、ほど遠い。
いつになれば、放射線を気にしない生活が出来るのだろうか。

IMG_2482pd_20130515060840.jpg


人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg
    ここをクリックしてください
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

司祭 ヨハネ 橋本光明

Author:司祭 ヨハネ 橋本光明
 Rev.John M.Hashimoto
福島県福島市にある吾妻高原聖アンナ教会の牧師・司祭。
出身地は、福島県いわき市平。
1947年(昭和22年)3月生。
日本聖公会仙台基督教会(宮城県)、鶴岡聖公会(山形県)、米沢聖ヨハネ教会(山形県)、二本松聖マリヤ教会(福島県)、福島聖ステパノ教会(福島県)の牧師および管理牧師、福島聖愛幼稚園の園長として勤務。
挙式組数が、3000組を超え、朝、夕の祈りに、挙式者を覚え、ご家族のご健康と、幸せを祈る毎日です。
モットーは、キリストが、十字架の死を通して、自己犠牲と無償の愛を示された。その愛を、自らも実践し、キリストの愛を、一人でも多くの人に伝えたい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード