落ち葉降る

2009-11-12(Thu)
聖アンナ教会は、周りが山に囲まれ、自然の中にあります。
当然、色々な木が、生い茂っています。
春の新緑、夏の濃い緑、そして、今、秋真っ盛りの紅葉、
季節は変わっても、自然の装いは、いつも美しく感じられます。

そんな中、私たちの今の大事な仕事は、落ち葉の片づけです。
掃いても、掃いても、次から次と、落ち葉が降りやみません。
特に、教会管理棟の脇の大きな、紅葉葉楓(もみじばふう)の木は、迫力があります。
大きな紅葉のような葉は、赤や黄色に紅葉し、風が吹けば、ガシャガシャと音を立て、
入り口を塞がんばかりに、山のように溜まります。

落ち葉は、ほとんど、邪魔者扱いです。

DSC01989bb.jpg
○ 紅葉葉楓(もみじばふう)の落ち葉と吾妻の山々

しかし、自然の営みから見れば、これは、まさに終わりでなく、始まりのパフォーマンスです。

落ち葉は、地面に落ちると、時間をかけて腐敗し、土となり、豊饒な肥料となります。
そして、大いなる命を生み、育てる力となります。

私たちも、時に、自分を落ち葉のように思い、
自分の人生の黄昏を悟る思いにとらわれます。

たとえ今の自分が落ち葉のような状況にあろうと、
それで終わりではありません。
むしろ、新たな希望の始まりです。

必ず来る春に思いを寄せ、どんな夢の花を咲かせようかと、
いとおしみながら落ち葉を眺める、自分がいました。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

司祭 ヨハネ 橋本光明

Author:司祭 ヨハネ 橋本光明
 Rev.John M.Hashimoto
福島県福島市にある吾妻高原聖アンナ教会の牧師・司祭。
出身地は、福島県いわき市平。
1947年(昭和22年)3月生。
日本聖公会仙台基督教会(宮城県)、鶴岡聖公会(山形県)、米沢聖ヨハネ教会(山形県)、二本松聖マリヤ教会(福島県)、福島聖ステパノ教会(福島県)の牧師および管理牧師、福島聖愛幼稚園の園長として勤務。
挙式組数が、3000組を超え、朝、夕の祈りに、挙式者を覚え、ご家族のご健康と、幸せを祈る毎日です。
モットーは、キリストが、十字架の死を通して、自己犠牲と無償の愛を示された。その愛を、自らも実践し、キリストの愛を、一人でも多くの人に伝えたい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード