サクラとメジロ

2013-04-17(Wed)
休み明けの今朝、教会に来ると、周囲が華やいでいた。
教会のサクラが、満開に咲いていたのだ。
この花は、ソメイヨシノ。
天気良く、穏やかで、吾妻の山々に、よく似合っていた。

IMG_0134pd.jpg

時折、風が強く吹く日だったが、最高気温は、27.1℃(午後1時50分現在)と、暑く感じた。
バックに見える、濃いピンクの花は、ヨウコウザクラ(陽光桜)という品種だ。

IMG_0146pd.jpg

教会近くのサクラは、市内より1週間遅く、今が見ごろとなる。
自衛隊福島駐屯地、県種畜牧場、県消防学校、県警機動隊など、各施設のサクラも、見事だ。

IMG_0213pd.jpg

サクラの撮影に夢中になっていると、自分たちも写してほしいと、小鳥たちが集まってきた。
よく見ると、メジロだった。
教会には、色々な野鳥が飛んでくる。
鳴き声も様々だ。
メジロは、「チィー、チィー」と、可愛く鳴く。
遠くから、「ケン、ケン」と、キジの鳴き声も聞こえる。

IMG_0154pd.jpg

メジロは、オスメス色の違いがないから、つがいか分からないが、仲良くツーポーズ。
メジロは、花が好きで、ウメ、サクラ、花のあるところに集まってくる。

IMG_0160pd.jpg

メジロは、花を見るためでなく、花の蜜を吸いに来る。
サクラの蜜は、どんな味がするか分からないが、美味しそうに、何度も花の中に口ばしを挿し込む。

IMG_0156pd_20130417212552.jpg

子供の頃、近所で、メジロを飼っている人がいた。
以前は、許可を取れば、飼うことが出来たが、
現在は、鳥獣保護法で、捕獲禁止となっており、飼育も禁じられている。
全長約12センチと、スズメよりも小さく、比較的警戒心が緩く、姿を観察しやすいという。
ウメにウグイスならぬ、サクラにメジロということか。

IMG_0182pd.jpg

今年も、福島市内のサクラを見て回った。
そして、教会のサクラを見て、見納めとなる。
サクラの花を見ていると、本当に日本人に生まれて良かったと幸せを感じる。
サクラは、つぼみから咲くまで待ち焦がれ、咲き始めると心踊らされ、満開の花に感動する。
さらに、大胆にも、花びらを散らしながら、幕を閉じる。
我が人生も、かくあるべしと、心ひそかに高望みしている。

IMG_0209pd.jpg


人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg
    ここをクリックしてください
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

司祭 ヨハネ 橋本光明

Author:司祭 ヨハネ 橋本光明
 Rev.John M.Hashimoto
福島県福島市にある吾妻高原聖アンナ教会の牧師・司祭。
出身地は、福島県いわき市平。
1947年(昭和22年)3月生。
日本聖公会仙台基督教会(宮城県)、鶴岡聖公会(山形県)、米沢聖ヨハネ教会(山形県)、二本松聖マリヤ教会(福島県)、福島聖ステパノ教会(福島県)の牧師および管理牧師、福島聖愛幼稚園の園長として勤務。
挙式組数が、3000組を超え、朝、夕の祈りに、挙式者を覚え、ご家族のご健康と、幸せを祈る毎日です。
モットーは、キリストが、十字架の死を通して、自己犠牲と無償の愛を示された。その愛を、自らも実践し、キリストの愛を、一人でも多くの人に伝えたい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード