カルビ温麺&塩カルビ丼

2012-11-12(Mon)
昨夜から今朝にかけて、雨が降った。
ひと雨ごとに、冬が近づく感じがする。
午前10時過ぎ、空は明るく天気が良くなったので、美味しいものが食べたくなり、外に出かけた。

ここは、米沢牛炭火焼肉 上杉
リビング福島2012年11月10日号に載っていた、
期間限定ランチ、「カルビ温麺&塩カルビ丼」が、狙いだ。
この店は、いつも混んでいるので、部屋を予約して行った。

DSC04215pd.jpg

上杉には、去年11月にも来ているので、詳しくは、そちらの記事に譲るとして、
このランチにも、カクテキの小鉢と、ダイコンサラダが付いてきた。
「カルビ温麺」の、温麺をどう読むか、はじめに思いを馳せた。
福島では、隣の宮城県白石市の、温麺(ウーメン)が有名だが、それとは別物だ。
広辞苑で調べると、ウンメンとあり、汁で煮たうどん、とあった。

「カルビ温麺」は、少し辛口のスープによく煮込んだ牛肉の角煮が入り、
ニラなどの野菜とラジウム卵が彩りよく、アクセントとなっている。
麺は、韓国冷麺と同じだが、しっかり茹であげられ柔らかい。
とても美味しく食べやすく、スープもほとんど残さず、飲み乾した。

DSC04217pd.jpg

「塩カルビ丼」は、味が濃くなく、ご飯の上に、カルビが山盛りのっていた。
肉はとても柔らかく、口の中で、ご飯とカルビが踊っていた。
リビング新聞に載っていたクーポンを持っていくと、飲み物とデザートが付いてくる。
私は、グレープフルーツジュースを頼んだ。
デザートは、焼きリンゴ。
すべてを、完食し、心も、お腹も、一杯になった。
このランチは、11月末までで、なんと980円。

DSC04230pd.jpg


人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg
    ここをクリックしてください
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

司祭 ヨハネ 橋本光明

Author:司祭 ヨハネ 橋本光明
 Rev.John M.Hashimoto
福島県福島市にある吾妻高原聖アンナ教会の牧師・司祭。
出身地は、福島県いわき市平。
1947年(昭和22年)3月生。
日本聖公会仙台基督教会(宮城県)、鶴岡聖公会(山形県)、米沢聖ヨハネ教会(山形県)、二本松聖マリヤ教会(福島県)、福島聖ステパノ教会(福島県)の牧師および管理牧師、福島聖愛幼稚園の園長として勤務。
挙式組数が、3000組を超え、朝、夕の祈りに、挙式者を覚え、ご家族のご健康と、幸せを祈る毎日です。
モットーは、キリストが、十字架の死を通して、自己犠牲と無償の愛を示された。その愛を、自らも実践し、キリストの愛を、一人でも多くの人に伝えたい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード