ハナモモとレンギョウ

2012-04-25(Wed)
ここは、福島市荒井戸ノ内、ハナモモとレンギョウが見事に咲いている。
ハナモモは、5分咲きくらいだが、レンギョウは満開だ。
他に、トウカイザクラも咲いていたが、こちらは盛りが過ぎていた。
空は厚い雲に覆われていたが、ここだけは、美しく輝いていた。

IMG_9453pd.jpg

全原発停止となる、5月5日が近付いている。
政府は、それを阻止しようと、福井県の大飯原発の再稼働を急いでいるが、
地元のおおい町、福井県始め、原発防災重点区域の30キロ圏内に入る、京都府、滋賀県は、
政府の説明する、原発の安全性とその事故対策に不審を抱いている。

IMG_9433pd.jpg

政府の態度は、とても分りやすい。
原発が稼働しないと、この夏の電力不足が生じ、産業や経済に深刻な影響を与える。
それを裏付けるように、各電力会社は、電力不足を声高らかに、叫んでいる。
又、火力発電は、燃料費が高く、それを補てんするため、電気料も値上げした。
1日も早く、原発を再稼働する事が、今の日本の経済と生活を立て直す、必要条件であるかのように。

IMG_9435pd.jpg

では、原発すべて廃止する事は、以上の理由から、無理な作業なのだろうか。
そんなことはない。
それは、原発再稼働理由より、もっと分かりやすい。

一つは、フクシマに来て、フクシマの人々と共に暮らしてみることだ。
人一人いない避難勧告の町、村の姿、家財道具さえ持ち出せないまま、逃げ回る人々の苦しみ。
家族、友人仲間は、故郷を離れ、バラバラになった。
それを体験したら、原発の再稼働など、思うべくもない。
東北人は我慢強いから、じっと耐えているが、ほかの場所だったら、もう暴動が起きてもおかしくない現状だ。
それがフクシマだけの出来事でなく、いつ、自分の県、市、町が同じ惨状になるかもしれない。
原発は、恐ろしいものです。

二つ目は、どこの原発も、不安定な地盤の上に建てられている。
東電原発事故は、ほとんど、津波が原因とされているが、
これから解明されるであろう、地震による事故原因は、全ての原発を廃炉に導く。
つまり、日本の原発は、稼働するに相応しくない土地の上に建っている。
しかも、いつ事故が起きてもおかしくない未熟かつ、欠陥施設なのだ。

そして三つ目は、これが私たちにとって、一番身近な事であるが、
これだけ危険な原発に頼って電気を使うより、使わない不便の方が、ずっと耐えられるということ。
私たちは、震災と原発事故を通して、価値観の変更を余儀なくされている。
でもそれは、私たちを不幸にするより、もっと中身のある充実した幸せに導いてくれるように思える。
なぜなら、毎朝、線量計で放射線を確かめながらの生活ではなく、
安全で安心できる生活を、自分のものに出来るからである。

IMG_9441pd.jpg


人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg
    ここをクリックしてください
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

司祭 ヨハネ 橋本光明

Author:司祭 ヨハネ 橋本光明
 Rev.John M.Hashimoto
福島県福島市にある吾妻高原聖アンナ教会の牧師・司祭。
出身地は、福島県いわき市平。
1947年(昭和22年)3月生。
日本聖公会仙台基督教会(宮城県)、鶴岡聖公会(山形県)、米沢聖ヨハネ教会(山形県)、二本松聖マリヤ教会(福島県)、福島聖ステパノ教会(福島県)の牧師および管理牧師、福島聖愛幼稚園の園長として勤務。
挙式組数が、3000組を超え、朝、夕の祈りに、挙式者を覚え、ご家族のご健康と、幸せを祈る毎日です。
モットーは、キリストが、十字架の死を通して、自己犠牲と無償の愛を示された。その愛を、自らも実践し、キリストの愛を、一人でも多くの人に伝えたい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード