3.11大震災の日が過ぎて

2012-03-14(Wed)
東日本大震災の、3月11日が過ぎた。
3月、この日を迎えるためか、少しナーバスになっていた。
去年のあの日を思い出すからか、テレビが津波などの映像を流すからか、
それとも、3月は、受験の季節で、若い時の緊張感を彷彿させるのか、
いつになく、不安の気持ちが続いた。

そして、その日が過ぎた。
春の光が眩しく感じながら、今、安堵の気持ちでいる。
恐ろしいほど不安で、明日のことも考えられない日々、それが過ぎたと実感した。
今日も、各地で、大きな地震が起きた。
もっと大きな地震が来るとの予報もある。
でも、3月11日が過ぎてから、もう、心が落ち着き、冷静に受け止められる。
3月11日の「祈りの集い」が、私に、一つ区切りをつけてくれた。

民報記事pp

上の記事は、今日の福島民報に載ったものである。
これは、アンナガーデン主催で行われた、「東日本大震災の犠牲者追悼と、復興のための 祈りの集い」。
穏やかな天気に恵まれ、120名以上の参加者があった。
この日、各地で同じ様な集会があり、教会には、30名ほど来ればいいかくらいの気持ちでいた。
ところが、始まる予定時間前から、50名以上の人が席についていた。
一緒に聖歌を歌って始め、祈り、震災の時間に1分間黙とうし、献花をささげ、香で祝福し、鎮魂の鐘を鳴らした。
私はこの時、聖アンナ教会は、今日の日のためにあったのかと、身体が震える思いだった。
そして、震災の犠牲者、避難者を思いながら、復興への道を、共に歩む自分がいた。
私は、やっと、被災地を訪ねられる気がした。

3.11祈りの集いbcpd

私は、「祈りの集い」のポスター、式次第に、意識して赤い文字を用いた。
式服にも、赤いストールを選び、肩にかけて、祈った。
普通、追悼で用いられる色は、喪に服す意味で、黒やグレーである。
教会では色々な色を、その式に合わせて用いるが、赤は、聖徒の記念日に用いる。
赤は、キリストが十字架で流した血の色であり、殉教者が迫害されて流した血の色である。
私は、大震災で亡くなられた方々を、単なる犠牲者でなく、殉教者としてとらえた。
亡くなられた方を忘れないばかりか、その尊い死から、私たちが大きなことを学び、
さらにその事実を、次の世代へと、語り伝えなければならないからである。
大震災、原発事故、それらに共通していることは、人間のおごりであり、安全への無関心である。
1年過ぎても故郷に帰れず、何年先に戻れるかもわからない。
その意味で、故郷も、殉教者となった。
この悲しみを、この悔しさを、1年たっても、何年たっても、決して忘れてはならない。

私は、この思いを、「祈りの集い」のメッセージで、伝えた。

人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg
    ここをクリックしてください
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

司祭 ヨハネ 橋本光明

Author:司祭 ヨハネ 橋本光明
 Rev.John M.Hashimoto
福島県福島市にある吾妻高原聖アンナ教会の牧師・司祭。
出身地は、福島県いわき市平。
1947年(昭和22年)3月生。
日本聖公会仙台基督教会(宮城県)、鶴岡聖公会(山形県)、米沢聖ヨハネ教会(山形県)、二本松聖マリヤ教会(福島県)、福島聖ステパノ教会(福島県)の牧師および管理牧師、福島聖愛幼稚園の園長として勤務。
挙式組数が、3000組を超え、朝、夕の祈りに、挙式者を覚え、ご家族のご健康と、幸せを祈る毎日です。
モットーは、キリストが、十字架の死を通して、自己犠牲と無償の愛を示された。その愛を、自らも実践し、キリストの愛を、一人でも多くの人に伝えたい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード