ブログ小説 「いつも、涙のそばに、君がいた。」 あとがき

2012-03-07(Wed)
吾妻高原聖アンナ教会献堂20周年感謝記念

ブログ小説 「いつも、涙のそばに、君がいた。」 慈与恩

あとがき


ブログ小説「いつも、涙のそばに、君がいた。」を、最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
この小説は、予告でも触れましたが、
東日本大震災、大津波、福島第1原発事故、また昨年起きた様々な災害を受けた方々を思い、
少しでも、私なりに、被災者を応援できないかと、掲載しました。

間もなく、あの日3月11日を迎えようとしています。
この日を境に、あの悲劇の光景がフラッシュバックし、また、辛い思いをなさるかもしれません。
それぞれ、どんな思いでその日を迎えるのでしょうか。
まだ、1度も被災地を訪ねられないでいる私としては、想像を超えています。

どんなにか悲しく辛い、その出来事は、最悪であり、地獄であり、希望もありませんでした。
被災者は、1年間、ひたすらそれを引き摺ってきました。
私も、一緒にその重荷を担ぎ、寄り添おうと努めました。

大地震、大津波、原発事故、放射能汚染、風評被害、そして、「ふくしま」という差別。
それらをリセットできず、私たちは、有無を言わさず、受け入れなければなりませんでした。
でも今、私たちは、もだえ苦しみながら、少しずつ、周りが見えてきたと思います。
多くの方々の援助、支援、励ましの言葉、名も知らない方からの応援メッセージ。
お陰さまで、辛くても、この1年、どうにか持ちこたえました。
そこで、はっきり分ったことは、「自分は一人ぼっちではなかった」ということ。

「どんな状況にあろうと、自分は、決して一人ではない」そのことを、私は強く伝えたかったのです。
一人ではないから、そこに希望があり、夢があり、勇気を持って一歩前に進む事が出来ます。
そして、もう一つ言えるなら、こんな「わたし」でも、誰かのそばに寄り添うことが出来る存在だということ。

幸せは、一人でやって来ません。
昨日より今日、今日より明日、少しでもいいから、前を向いて歩きましょう。
必ず、あなたに、一番あなたを思ってくれる人が、どんな時も、一緒に付いておられますから。


人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg
    ここをクリックしてください
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

司祭 ヨハネ 橋本光明

Author:司祭 ヨハネ 橋本光明
 Rev.John M.Hashimoto
福島県福島市にある吾妻高原聖アンナ教会の牧師・司祭。
出身地は、福島県いわき市平。
1947年(昭和22年)3月生。
日本聖公会仙台基督教会(宮城県)、鶴岡聖公会(山形県)、米沢聖ヨハネ教会(山形県)、二本松聖マリヤ教会(福島県)、福島聖ステパノ教会(福島県)の牧師および管理牧師、福島聖愛幼稚園の園長として勤務。
挙式組数が、3000組を超え、朝、夕の祈りに、挙式者を覚え、ご家族のご健康と、幸せを祈る毎日です。
モットーは、キリストが、十字架の死を通して、自己犠牲と無償の愛を示された。その愛を、自らも実践し、キリストの愛を、一人でも多くの人に伝えたい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード