四季茶房 八夢のつるし雛まつり

2012-02-09(Thu)
リビング福島2012年2月11日号に、「八夢のこころ和む つるし雛まつり」の案内が載っていたので訪ねた。
八夢は、聖アンナ教会で挙式した方々が、披露をかねた食事会によく利用する。
和風の建物、庭園は、とても落ち着いた雰囲気があり、創作料理も美味で人気がある。
つるし雛まつりは、2月中、水曜日店休を除き、3月4日まで開催されている。
  四季茶房 八夢

IMG_7178pd.jpg

案内によると、飯野町のつるし雛まつりの協力を得て、飾られているという。
私は、去年、震災前に、飯野のつるし雛まつりに行ったことを思い出した。
  去年の、飯野つるし雛まつり

IMG_7135pd_20120209222243.jpg

縁起物のつるし飾りは、ウサギ、七宝まり、ニンジン、唐辛子、巾着、羽子板があった。
それぞれ意味付けがあり、健康と幸せを願って、飾られている。

IMG_7145pd.jpg

つるし雛を見ると、去年の正月亡くなった、姉を思い出す。
姉は、福島県立高校の家庭科教師であったが、神奈川に転勤し、退職後、人形作りを趣味にしていた。
人形作りの指導者になるほどの入れ込みで、折々、姉の作った人形が、私に送られてきた。
その中に、つるし雛もあり、今まで見たことがなかったので、とても感動した。
  遺品となった、姉の作った人形群

IMG_7146pd.jpg

姉の作った人形にも感じられたが、一つ一つ、同じ人形のようでありながら、
それぞれ個性があり、ひと針ひと針、思いを込めて縫い上げられている。
貴重な古布が醸し出す風合は、懐かしく、そして温かい。

IMG_7148pd_20120209222358.jpg


雛まつりだから、子供の元気な成長の願いも強く感じられる。
つるし雛の歴史は古く、江戸時代後期から伝わる風習で、
長女の初節句を祝い、庶民の雛壇の代わりとして、続いて来た。

IMG_7154pd.jpg


IMG_7166pd.jpg

IMG_7169pd.jpg

形ある美しい物は、それ自身、充分美しいものだが、
それを飾る入れ物、それに見合う体裁があると、さらに美しく見えてくる。
八夢の古民家、庭の佇まい、それらがつるし雛とうまく調和し、素朴な人形が、さらに輝いて見えた。

IMG_7176pd.jpg


人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg
    ここをクリックしてください
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

司祭 ヨハネ 橋本光明

Author:司祭 ヨハネ 橋本光明
 Rev.John M.Hashimoto
福島県福島市にある吾妻高原聖アンナ教会の牧師・司祭。
出身地は、福島県いわき市平。
1947年(昭和22年)3月生。
日本聖公会仙台基督教会(宮城県)、鶴岡聖公会(山形県)、米沢聖ヨハネ教会(山形県)、二本松聖マリヤ教会(福島県)、福島聖ステパノ教会(福島県)の牧師および管理牧師、福島聖愛幼稚園の園長として勤務。
挙式組数が、3000組を超え、朝、夕の祈りに、挙式者を覚え、ご家族のご健康と、幸せを祈る毎日です。
モットーは、キリストが、十字架の死を通して、自己犠牲と無償の愛を示された。その愛を、自らも実践し、キリストの愛を、一人でも多くの人に伝えたい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード