紅葉のスカイライン

2011-10-18(Tue)
今日は、天気が良く、穏やかだったので、スカイラインの紅葉を見に行くことにした。
平日だと混まないで、ゆっくり見られると思い出かけたが、意外と車が多かった。
場所によっては、車が並び列ができた。
県外の車も目立った。
浄土平の駐車場にも、乗用車、観光バスが、結構来ていて、賑やかだった。
紅葉は真っ盛り、さらに、今、スカイラインの通行料(普通車1570円)や、駐車料(普通車410円)が無料とあって、
考えることは、みな同じ、気軽に、スカイラインを走ることが出来る。

IMG_3048pd.jpg

スカイラインの絶景ポイント、つばくろ谷からの景観を楽しんだ。
この谷に、不動沢橋が架かっている。
1959年に最初の橋が架けられ、40年後の2000年に今の橋が別な位置に架けられた。
このアングルは、旧橋のあった位置から見たところ。
橋の向こう側に、信夫山など、福島市内が見渡せる。

IMG_3050ppd.jpg

170メートルある不動沢橋の下は、谷になっていて、谷底まで、84メートルある。
紅葉と、谷を流れる清流が、綺麗だった。

IMG_3064ppd.jpg

不動沢橋から、福島市内を眺めた。
ここからの夜景も、見事だが、今日は、我慢した。
さて、我が、聖アンナ教会は、見えるのか。
良く見ると、アンナガーデン、聖アンナ教会が、見えた。
こんなにはっきり見えることは、珍しい。

IMG_3082pd.jpg

どこに見えるかって?
私のカメラで写すのは、ここまで。
データを拡大すると、このように、中央に聖アンナ教会が見える。

IMG_3093pd.jpg

IMG_3093ppd.jpg

いつも気になっている、一切経山の噴気も見て来た。
噴気は、一ヶ所からのみ出ているかと思ったら、何ヶ所からも出ていた。
少し離れた所からも、幾つかの白い噴気が出ていた。

最近、噴気が青白く見えることがあった。
何か悪いガスが出ているのかと心配していた。
火山から出る毒ガスの、腐卵臭のする硫化水素は、無色と聞く。

福島民友新聞の、2011年9月24日 福島民友トピックスに、
『福島市の吾妻連峰一切経山も秋の装いに変わりつつあるが、この日は噴出している噴気が滞留し、
「いつもより青白く見える」という声が聞かれた。
上空に入り込んだ寒気の影響なども考えられるが、福島地方気象台では「気流の関係や、
色については日光の反射による可能性も考えられる」としている。
火山活動に変化はないという』と、ある。

果して、そうだろうか。

IMG_3110pd_20111020085054.jpg

噴気を写した画像を、良く見ると、
明らかに、青白い噴気が、白い噴気より比重が重いのか、下のほうに流れていた。
白い噴気のところは、光の陰になっても、白い。
しかし、青白い噴気は、ずっと、青白く流れている。

IMG_3124pd_20111020085112.jpg

何枚かの画像に、明らかに、青い噴気の噴出口が写っていた。
そして、白い噴気と違う、青白い噴気が漂って、流れていた。
その物質は分からないが、青い噴気が噴出していると、私は、確信した。
知者の、ご意見を乞う!!

IMG_3124ppd.jpg



人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg
    ここをクリックしてください
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

司祭 ヨハネ 橋本光明

Author:司祭 ヨハネ 橋本光明
 Rev.John M.Hashimoto
福島県福島市にある吾妻高原聖アンナ教会の牧師・司祭。
出身地は、福島県いわき市平。
1947年(昭和22年)3月生。
日本聖公会仙台基督教会(宮城県)、鶴岡聖公会(山形県)、米沢聖ヨハネ教会(山形県)、二本松聖マリヤ教会(福島県)、福島聖ステパノ教会(福島県)の牧師および管理牧師、福島聖愛幼稚園の園長として勤務。
挙式組数が、3000組を超え、朝、夕の祈りに、挙式者を覚え、ご家族のご健康と、幸せを祈る毎日です。
モットーは、キリストが、十字架の死を通して、自己犠牲と無償の愛を示された。その愛を、自らも実践し、キリストの愛を、一人でも多くの人に伝えたい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード