我が家の、もう一つのサツキ

2011-05-23(Mon)
我が家の、もう一つのサツキの花が、満開を迎えようとしている。
こちらも、いつになく、花数が多い。

サツキのそばを、マスクをした小学生が通る。
放射能測定値が高いので、自己防衛のため、帽子とマスクは、必需品となっている。
私の小学生時代、原水爆実験が、米国、ソ連、中国で行われ、放射能を帯びた死の灰が、空から降ってきた。
雨に濡れると、毛が抜けると言われ、なぜか、チョークを食べるといいと、先生が言っていた。

IMG_7148pd.jpg

大震災が起き、原発事故が発生して、2カ月が過ぎた。
その復興は、確実に進んでいるが、被災地域の広さ、震災、津波の被害が甚大で、
遅々として、それが感じられない。
さらに、原発事故よる被害の拡大が、今も続き、先の見えない不安に、おののいている。
避難しておられる方の気持ちを思うと、何もできない自分が、申し訳ない。

IMG_7097pd.jpg

でも、ただ、怯えていては、何も、前に進まない。
この状況から聞こえるメッセージを、今、しっかり、受け止め、二度と、同じ過ちを起こさないようにしなければ、
子供、孫たち、残される子孫に、顔向けが出来ない。

一つのメッセージ
大江健三郎氏は、3月28日の、ニューヨーカーに投稿して、「原子炉の製造において過ちを繰り返すことは、ヒロシマの犠牲者たちを裏切る、最悪の人命軽視です」と、述べた。
私は、1979年3月28日、アメリカ合衆国東北部ペンシルベニア州のスリーマイル島原子力発電所で発生した原子力事故、1986年4月26日にソビエト連邦(現:ウクライナ)のチェルノブイリ原子力発電所4号炉で起きた原子力事故の後、原発に対し、不安に思うようになった。子供が生まれ、子供に対する影響が、一番深刻な問題と感じ、福島大学の清水教授の主宰する原発の研究会に参加した。このことに関しては、後日、お話したいと思う。
私たちは、原発事故を通して、その危険性を強く認識し、廃棄する運動に進まなければ、今の犠牲は、あまりにも、悲しすぎる。これこそ、原発を止める、不幸にして幸いな、チャンスである。
   参照:  歴史は繰り返す 大江健三郎

IMG_7095pd.jpg

二つ目のメッセージ
安全とは何かということだ。
国が安全だというから、安全だと判断することが、いかに危険だということを、今回、しみじみと感じた。
放射能が拡散するシミュレーションの情報を、県は、パニックを恐れて、公表しなかった。
国、県の立場に立つ者は、全体としての安全を考えるが、一人一人の安全は、考えてくれない。
沖縄戦においても、しかり、軍は、一般市民を守るどころか、国のため、自害することを命じた。
だから、自分の安全は、自分で守らなければならないこと、今回もそれを、強く再認識した。
今、安全だと宣言している政府関係者が、自分の家族を、すでに海外に避難させている噂を聞いた。
医師、医療関係者の家族が、自分の子供を放射線被害から守るため、県外に避難していると聞いた。
今受けている放射能の影響は、いつ表れるか分からない。
自分ができる防御方法や、いつでも避難できる方法を、自分自身で考えることが、とても重要だ。
安全は、決して他人任せでは、守れない。

IMG_7135pd.jpg

三つ目のメッセージ
識者は、3.11の大震災が、時代の大きな変換点になると述べている。
今までは、「戦後」といった、時代の区切りを、将来は、「震災後」と、言い換えるほど、価値観が変化する、
新しい時代に入るだろう、と。
電力の3分の1を、原子力発電に頼っていたが、それは後退し、エネルギー政策が変わり、
オール電化で象徴される、快適な生活から、使い捨ての無い、より基本的な生活と変わる。
何が、本当の幸せか、根本から、変わらざるを得なくなる。
私は、それは、逆に、よりあるべき姿に戻り、自然と融和し、いい環境に戻る気がする。
私は、全てを科学や物に頼るのではなく、人間が本来持っている、心の絆を大切にし、
目に見えないものへの価値観を大切にする時代に移行することを、一人、願っている。

IMG_7157pd.jpg

私のできる、一番有効な行動は、祈ること。
私は、神様が、今の状況を、被災者と共に、悲しんでおられることを、知っている。
神様からの救いを、今、どれだけの人が信じるか分からない。
でも、それは、あなたを通して、神様は、働かれる。
今、何かを感じたら、行動、しましょうよ!!
がれき一つ、動かすこと、祈ること、何でもいい。
あなたが、私が、感じるままに、行動に移すこと、それが、今、求められている。


人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg
    ここをクリックしてください
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

司祭 ヨハネ 橋本光明

Author:司祭 ヨハネ 橋本光明
 Rev.John M.Hashimoto
福島県福島市にある吾妻高原聖アンナ教会の牧師・司祭。
出身地は、福島県いわき市平。
1947年(昭和22年)3月生。
日本聖公会仙台基督教会(宮城県)、鶴岡聖公会(山形県)、米沢聖ヨハネ教会(山形県)、二本松聖マリヤ教会(福島県)、福島聖ステパノ教会(福島県)の牧師および管理牧師、福島聖愛幼稚園の園長として勤務。
挙式組数が、3000組を超え、朝、夕の祈りに、挙式者を覚え、ご家族のご健康と、幸せを祈る毎日です。
モットーは、キリストが、十字架の死を通して、自己犠牲と無償の愛を示された。その愛を、自らも実践し、キリストの愛を、一人でも多くの人に伝えたい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード