田植え始まる

2011-05-20(Fri)
今日も、沖縄より暑い、真夏日、30.7度(午後1時52分現在)となった。
そんな暑い中、待ちに待った田植えが始まった。
今年は、原発事故のため、農作業の時期が制限され、
例年なら、5月の連休に田植えをするのに、2週間遅れとなった。
ここは、福島市荒井中川原の田んぼだ。

IMG_7270pd.jpg

田植えをしていたのは、難波さんご夫妻。
ひとめぼれの苗を丁寧に植えていた。
聖アンナ教会の牧師と名乗ったら、色々話を聞かせて下さった。
「今年は天気がいいが、さらっとしなくて、おかしな気象だよ。
 やっと田植えにこぎつけたが、秋にちゃんと稲刈り出来て、食べれるもんかね」。
田植えをしていても、今一つ喜べない、不安を抱えていた。

IMG_7281pd_20110520214139.jpg

大震災に被災した農家は、みんな悩みを抱えている。
津波に遭ったり、地盤沈下の田んぼでは、海水による塩害が深刻な問題だ。
避難した地区では、自分の農地に作物が植えられず、目標が定まらない。
漁業関係者も、船を失ったり、港が使えず、それぞれの仕事が出来ない。
これから書き入れ時なのに、それが叶わず、そのうっ憤を晴らす場所もない。

IMG_7285pd.jpg

でも、この小さな苗が、一日一日、成長するように、みんなが、それぞれ頑張っている。
復興への一歩は、目に見えない程小さいかもしれないが、確実に、進んでいる。
そして、一人の一歩は、僅かでも、みんなで頑張る一歩は、大きな一歩になる。
農家の皆さん、漁業の皆さん、生産者の皆さん、頑張ってください。
昨日より今日は、はっきりと、大きく成長していますよ~!!



人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg
    ここをクリックしてください
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

司祭 ヨハネ 橋本光明

Author:司祭 ヨハネ 橋本光明
 Rev.John M.Hashimoto
福島県福島市にある吾妻高原聖アンナ教会の牧師・司祭。
出身地は、福島県いわき市平。
1947年(昭和22年)3月生。
日本聖公会仙台基督教会(宮城県)、鶴岡聖公会(山形県)、米沢聖ヨハネ教会(山形県)、二本松聖マリヤ教会(福島県)、福島聖ステパノ教会(福島県)の牧師および管理牧師、福島聖愛幼稚園の園長として勤務。
挙式組数が、3000組を超え、朝、夕の祈りに、挙式者を覚え、ご家族のご健康と、幸せを祈る毎日です。
モットーは、キリストが、十字架の死を通して、自己犠牲と無償の愛を示された。その愛を、自らも実践し、キリストの愛を、一人でも多くの人に伝えたい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード