震災報告、その1

2011-03-24(Thu)
東北関東大震災から、間もなく、2週間になろうとしている。
地震のあった11日から、いつ、この悪夢から覚めるかと願っていたが、
覚めるどころか、その被害が、日に日に増し、津波さらに原子力発電所の事故も加わり、
戸惑いながら見るテレビの惨状と、刻々伝わる情報に、言葉もない。

被災者のことを思うと、とてもブログを書く気持ちなれないでいた。
ところが、更新しないのに、毎日、今まで以上に、たくさんの方が、全国からアクセスして下さった。
とても心強く思い、感謝を申し上げます。
拙い私のブログを待っている方を思い、奮起して、現状を報告します。

下の写真は、11日午後3時20分、礼拝堂内から外を見たもの。
教会正面壁の飾り石が、上半分ほど、入口に落ちていた。
もし、結婚式の最中で、逃げる人の上に、これら石が落ちたと思うと、ゾッとした。
外では、雪が降っていた。
地震直後に見たとき、教会前室に、土煙りが舞い、外が見えないほどだった。

IMG_4964pd.jpg

次の写真は、私の執務する、司祭室の惨状。
内側への引きドアなので、最初、落ちた書物がつかえ、中に入れなかった。
14日になって、やっと中に入れた。
震災の日、管理棟で仕事をしていたので、パソコン、カメラは、司祭室に置いてなかった。
司祭室で仕事をしていたら、私も含め、落ちた荷物の下敷きになっていたかもしれない。

IMG_5010pd.jpg

東北の教会関係者に連絡を取ると、たくさんの方が、被災していた。
この震災と津波の犠牲者、被災者の数は、想像を絶する。
ただただ、現状から、一刻も早い復興と、元の生活への復帰を祈っている。
私の住む地区の小学校に、避難した方々が来ている。
まだ寒い体育館、いつ、温かな家庭に戻れるのだろうか。


人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg
    ここをクリックしてください
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

司祭 ヨハネ 橋本光明

Author:司祭 ヨハネ 橋本光明
 Rev.John M.Hashimoto
福島県福島市にある吾妻高原聖アンナ教会の牧師・司祭。
出身地は、福島県いわき市平。
1947年(昭和22年)3月生。
日本聖公会仙台基督教会(宮城県)、鶴岡聖公会(山形県)、米沢聖ヨハネ教会(山形県)、二本松聖マリヤ教会(福島県)、福島聖ステパノ教会(福島県)の牧師および管理牧師、福島聖愛幼稚園の園長として勤務。
挙式組数が、3000組を超え、朝、夕の祈りに、挙式者を覚え、ご家族のご健康と、幸せを祈る毎日です。
モットーは、キリストが、十字架の死を通して、自己犠牲と無償の愛を示された。その愛を、自らも実践し、キリストの愛を、一人でも多くの人に伝えたい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード