大震災に、遭遇す!!

2011-03-15(Tue)
3月11日、午前11時46分、私は、アンナガーデンに咲く、マンサクの花を撮っていた。
1000年に、1度の大震災に遭遇する、3時間前だ。
晴れ間も見え、穏やかな、春の一日だったのに、
午後2時46分、それは、何の前触れもなく、やってきた。

IMG_4930pd.jpg

その時私は、教会管理棟で、館長とお茶を飲んでいた。
激しく、長い揺れが続いた。
書庫からは、書類がなだれ落ち、入口のドアは、激しく開閉し、私は、何一つできず、固まった。
長い時間に感じた。
ひとしきりの揺れが止まると、私と館長は、恐る恐る、教会周囲を確認した。
そして、土煙りの舞う中、衝撃の光景を、目の当たりにした。

IMG_4915pd.jpg

教会入口正面壁の飾り石が崩れ落ち、礼拝堂前面、祭壇の壁は割れ、中から外が見えていた。
ビデオ用のカメラが落ち、司祭室では、挙式者記録簿や、神学書が、所狭しと、散らばった。
高くそびえる、鐘楼のモルタル壁に大きなひびが入り、一部だが、崩れ落ちた。
幸いにも、ステンドグラスに、被害は、なかった。

IMG_4941pd.jpg

大震災後、皆さまからのお見舞いのメールを、たくさん頂き、ありがとうございます。
一人ひとりに、返信したいのですが、心の整理と、かたずけに時間がとられ、叶いません。

教会の建物について、14日に、電気が通り、自家水も使えるようになりました。
同じ14日に、修復のため、建設会社の担当者に、来ていただきました。
鉄骨造りのため、教会内への出入りに危険はなく、片付けをし、掃除を始めています。
早急に、破損した部分の回復を図る予定です。

大地震の被災者に対し、お見舞いを申し上げます。
犠牲者に対しては、魂の平安を、お祈りします。
すべてを失った方々には、決して、希望を失わないよう、お祈りいたします。

原子力発電所の事故も、気になります。
健康に支障ないものの、福島市内の放射線カウントが、通常より、上がっています。

この場をお借りして、ご心配くださる方々に対し、御礼、申し上げます。
スタッフ一同、怪我等は、ございません。
落ち着きましたら、改めて、ご報告を、申し上げます。

人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg
    ここをクリックしてください
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

司祭 ヨハネ 橋本光明

Author:司祭 ヨハネ 橋本光明
 Rev.John M.Hashimoto
福島県福島市にある吾妻高原聖アンナ教会の牧師・司祭。
出身地は、福島県いわき市平。
1947年(昭和22年)3月生。
日本聖公会仙台基督教会(宮城県)、鶴岡聖公会(山形県)、米沢聖ヨハネ教会(山形県)、二本松聖マリヤ教会(福島県)、福島聖ステパノ教会(福島県)の牧師および管理牧師、福島聖愛幼稚園の園長として勤務。
挙式組数が、3000組を超え、朝、夕の祈りに、挙式者を覚え、ご家族のご健康と、幸せを祈る毎日です。
モットーは、キリストが、十字架の死を通して、自己犠牲と無償の愛を示された。その愛を、自らも実践し、キリストの愛を、一人でも多くの人に伝えたい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード