福島の柚子(ゆず)

2009-12-08(Tue)
福島市内の真ん中に、御山と親しまれる、信夫山がある。
この山は、古くから信仰の山として守られ、いくつもの神社や、
祠(ほこら)がある。
晩秋の頃、この山で収穫される柚子(ゆず)が、柚子栽培の
北限として脚光を浴びる。

毎年、冬至近くなると、柚子を求めて、御山に行く。
今日は、仕事が休みなので、いつもの農家に出かけた。
ところが、今年は、不作で、もうないと言われた。

家内は、お正月の酢の物から、柚子みそ、ジュース、砂糖漬けのほか、
料理の、ちょっと色と香りを添える付け合わせに、とても重宝していたから、
がっかりした。

DSC02249ab.jpg
 ○ まだ残っていた柚子

それで諦める私ではなかったので、
近くの数軒の農家を訪ねた。
すると、「ゆず、あります」という、小さな札を見つけた。

80歳を過ぎたと思えるおばあちゃんが案内してくれた。
10個で、500円。20個買ったら、「これ持っていくかい」と、言われた。
すると、そこに米30キロ入れの紙袋の中に、柚子が一杯入っていた。
商品価値がないと、区別された柚子で、3袋ほどあった。

数え切れないほどの柚子をひと袋かかえて、山を下りた。
今年の冬至湯(12月22日)は、柚子で、溺れそうだ!!

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

司祭 ヨハネ 橋本光明

Author:司祭 ヨハネ 橋本光明
 Rev.John M.Hashimoto
福島県福島市にある吾妻高原聖アンナ教会の牧師・司祭。
出身地は、福島県いわき市平。
1947年(昭和22年)3月生。
日本聖公会仙台基督教会(宮城県)、鶴岡聖公会(山形県)、米沢聖ヨハネ教会(山形県)、二本松聖マリヤ教会(福島県)、福島聖ステパノ教会(福島県)の牧師および管理牧師、福島聖愛幼稚園の園長として勤務。
挙式組数が、3000組を超え、朝、夕の祈りに、挙式者を覚え、ご家族のご健康と、幸せを祈る毎日です。
モットーは、キリストが、十字架の死を通して、自己犠牲と無償の愛を示された。その愛を、自らも実践し、キリストの愛を、一人でも多くの人に伝えたい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード