ニイニイゼミ、鳴く

2010-07-16(Fri)
今日は、朝から蒸し暑い。
最高気温は、32度。
梅雨明けは、いつかと、話題になる。
東の空だけを見ると、もう夏本番のようだ。

IMG_1017pd.jpg

でも、180度、視点を変えて、西を見ると、厚い雲に覆われている。
梅雨明けは、もう少しかかるのかな。

福島県内で、海開きが行われた。
さあ、夏よ、いつでも、いらっしゃい!!

IMG_1027pd.jpg

天候不順が続いたせいか、今まで、セミの鳴き声が、あまり聞かれなかった。
今日の天気は、セミにとって、活動しやすかったのか、あちこちから、ジィージィーと、セミが鳴いている。
礼拝堂脇のサクラの木に、セミを見つけた。

IMG_0907pd.jpg

セミも、色々な種類がいるが、これは、ニイニイゼミ。
3センチほどの、小さなセミだ。
まだ、アブラゼミや、ミンミンゼミの声は聞かれない。
このニイニイゼミが、次のセミの出番を準備する。

IMG_0925pd.jpg

ニイニイゼミ
ニイニイゼミ Platypleura kaempferi は、カメムシ目(半翅目)・セミ科に分類されるセミの一種。日本・台湾・中国本土・朝鮮半島に分布する小型のセミである。成虫の体長は20-24mm。生きている時は全身に白っぽい粉を吹くが、頭部と前胸部の地色は灰褐色、後胸部と腹部は黒い。後胸部の背中中央には橙色の"W"字型の模様がある。他のセミに比べて体型は丸っこく、横幅が広い。複眼と前翅の間に平たい「耳」のような突起がある。また、セミの翅は翅脈(しみゃく)以外透明な種類が多いが、ニイニイゼミの前翅は褐色のまだら模様、後翅は黒地に透明の縁取りである。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

教会のセミは、5メートル以内に近づくと、逃げていくのがほとんどだ。
ところが、今日のセミは、逃げない。
2メートル以内に入っても、逃げない。
1メートル以内に入っても、まだ逃げない。
50センチに近づいても、私のことを、意に介しないのか、逃げる気配さえ感じられない。
そればかりか、余裕で、横歩きをして、右上に移動を始めた。
私は、彼の後を追った。

IMG_0958pd.jpg

すると、彼の上に、彼女がいた。
彼は、彼女に一途で、周りが見えていない。
まるで、私そのもの(お断り・約30年以上前の話)。
私は、そんじょそこらの司祭ではないので、KYを意識して、≪二匹の世界≫を離れ、遠慮した。

IMG_1009pd.jpg

空を見上げると、大きな入道雲が、教会の真上にあった。
ああ…、夏が来た。
いよいよ、梅雨が明けるのか。
遠くで、ヒグラシが鳴いていた。

IMG_1030pd.jpg

人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg
    ここをクリックしてください
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

司祭 ヨハネ 橋本光明

Author:司祭 ヨハネ 橋本光明
 Rev.John M.Hashimoto
福島県福島市にある吾妻高原聖アンナ教会の牧師・司祭。
出身地は、福島県いわき市平。
1947年(昭和22年)3月生。
日本聖公会仙台基督教会(宮城県)、鶴岡聖公会(山形県)、米沢聖ヨハネ教会(山形県)、二本松聖マリヤ教会(福島県)、福島聖ステパノ教会(福島県)の牧師および管理牧師、福島聖愛幼稚園の園長として勤務。
挙式組数が、3000組を超え、朝、夕の祈りに、挙式者を覚え、ご家族のご健康と、幸せを祈る毎日です。
モットーは、キリストが、十字架の死を通して、自己犠牲と無償の愛を示された。その愛を、自らも実践し、キリストの愛を、一人でも多くの人に伝えたい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード