ことぶき農園

2010-07-07(Wed)
聖アンナ教会のある、アンナガーデン周囲は、色々な作物ができる農産地だ。
4月に、モモ、プラムの花を咲かせ、間もなく、その実が熟する。
近くには、リンゴ畑もあり、秋になれば、道路沿いでは、無人直売所が賑わう。

昨日からの雨が上がったので、外に出て、いつものように、教会から下界を見渡すと、
葉が生い茂る地帯を発見した。
近くまで行くと、まさに伸び始めた、植物群に出会った。

IMG_0335pd.jpg

この植物は、何だとお思いでしょうか。
野菜?木の苗?

ここは、教会北側にある、減農薬で食の安全に取り組んでいる、ことぶき農園
教会が始まった時から、家族ぐるみでお世話になっている。
新鮮で、取り立ての野菜、キュウリ、ナス、トマト、シソの葉、シイタケ、それに玄米、桃、梨を、分けて頂いている。

IMG_0337pd.jpg

とりわけ、この植物は、ことぶき農園の看板ともいえるものだ。
正解は、コンニャク。
この若いコンニャクは、1年物。
参考:ことぶき農園 http://ww51.et.tiki.ne.jp/~kotobuki/index3.htm
    コンニャク芋の育てる様子や、コンニャクの作り方が分かります。

コンニャク
コンニャク(蒟蒻、菎蒻、学名:Amorphophallus konjac)は、サトイモ科の植物、あるいはその球茎から製造される食品。コンニャクを食用としている地域は日本、中国、ミャンマー、韓国の各国だが、農産物として生産され市場に流通しているのは日本のみである。コンニャクの原料となるコンニャクイモの平成18年度の日本での主産地は群馬県(89.8%)で、第2位は栃木県(4.3%)で、第3位は茨城県(1.3%)と続き、全国の約95%は北関東で生産されている。
夏緑多年草植物で、英名はelephant footあるいはdevil's tongueとも言う。地下茎はコンニャクイモ(蒟蒻芋)と呼ばれる。原産地はインドまたはインドシナ半島(ベトナム付近)とされ、東南アジア大陸部に広く分布している。扁平な円形の地下茎があり、地上には葉だけを出す。茎(実は葉柄)は高さ1mほどに伸び、先端は平らに開いて鳥足状に小葉をつける。小葉は柔らかくてつやがあり、楕円形。
株は次第に大きくなるが、ある程度大きくならないと花はつかない。栽培下では5-6年で開花する。開花するときには葉は出ず、また開花後に株は枯れる。花は全体の高さが2mほどにもなる。いわゆる肉穂花序の付属体は円錐形で高くまっすぐに伸び上がり、仏縁苞は上向きにラッパ状に開き、舷部(伸び出した部分)は背面に反り返る。花全体は黒っぽい紫。
生のコンニャクイモはシュウ酸カルシウムのエグ味が強く、何らかの方法でそれを除かなくては食べられない。通常コンニャクと呼ばれる食品は、コンニャクイモに含まれるコンニャクマンナンという多糖を糊化しアルカリ(通常水酸化カルシウム水溶液が用いられるが、かつては灰を水で溶いた汁を使った)を用いて凝固させたもので、独特の食感を示す。一度凝固させたこんにゃくは水溶性を持たず、強い弾力を示す。またカロリーが極めて低く食物繊維が豊富という理由もあって、ダイエット食品(健康食品)としても人気がある。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

IMG_0362pd.jpg

上の画像は、2年物のコンニャク。
金剛山を背景にコンニャク畑が見える。
この山の麓にある、ぼけ封じ観音の例祭が、5月3日にあり、その時に、手作り刺身コンニャクが販売される。

IMG_0374pd.jpg

こちらは、3年物のコンニャク、さすが、立派で、風格がある。
これらが育って、大きくなったコンニャク芋は、3年目の10月に、やっと収穫される。
3年植え替えしないと、コンニャク芋としての価値がでない。
植えては、起こし、起こしては、植える。
3年の手間暇かけて、やっと、美味しいコンニャクができる。

今の私たちに、3年かけてやり遂げようとする目標を持っているだろうか。
1年ももたないで、中途半端にしていることは、ないだろうか。
コンニャク畑にいて、そんなことを感じた。

IMG_0378pdd.jpg

左が聖アンナ教会、右が西田記念館をバックに、3年物のコンニャクが植えられていた。

人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg
    ここをクリックしてください
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

司祭 ヨハネ 橋本光明

Author:司祭 ヨハネ 橋本光明
 Rev.John M.Hashimoto
福島県福島市にある吾妻高原聖アンナ教会の牧師・司祭。
出身地は、福島県いわき市平。
1947年(昭和22年)3月生。
日本聖公会仙台基督教会(宮城県)、鶴岡聖公会(山形県)、米沢聖ヨハネ教会(山形県)、二本松聖マリヤ教会(福島県)、福島聖ステパノ教会(福島県)の牧師および管理牧師、福島聖愛幼稚園の園長として勤務。
挙式組数が、3000組を超え、朝、夕の祈りに、挙式者を覚え、ご家族のご健康と、幸せを祈る毎日です。
モットーは、キリストが、十字架の死を通して、自己犠牲と無償の愛を示された。その愛を、自らも実践し、キリストの愛を、一人でも多くの人に伝えたい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード