ヤマボウシ(山帽子)

2010-06-18(Fri)
5月の山は、ニセアカシアの花が咲き賑わい、甘い香りを漂わせていたが、最近は、ヤマボウシの花が目立つ。
アンナガーデンでも、いたるところで、ヤマボウシが咲いている。
見事なのが、ふくしま路ビールのある西斜面一帯が、ヤマボウシの花で一杯だ。

IMG_8012pd.jpg

ヤマボウシ
ヤマボウシ(山法師、山帽子、学名 Benthamidia japonica )はミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木。
高さ5~10メートル。幹は灰褐色。葉は対生し、楕円(だえん)形または卵円形で長さ4~12センチ、全縁でやや波打つ。花は6~7月に開き、淡黄色で小さく、多数が球状に集合し、その外側に大形白色の総包片が4枚あり、花弁のように見える。果実は集合果で9月頃に赤く熟し、直径1~3センチで球形、食用になる。種子は約3ミリで、大きい果実には3~4個、小さい果実では1個入っている。果肉はやわらかく黄色からオレンジ色でありマンゴーのような甘さがある。果皮も熟したものはとても甘く、シャリシャリして砂糖粒のような食感がある。果実酒にも適する。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

IMG_8002pd.jpg

IMG_8019pd.jpg

ピッツアの北側の庭と、陶遊庵入口には、ピンクがかったヤマボウシが見られる。
ミズキ科ミズキ属というだけあって、ハナミズキに似ている。
その違いは、花弁のように見える、大形白色の総包片が、ヤマボウシはとがっているが、ハナミズキは、丸みを帯びている。

IMG_7995pd.jpg

IMG_7996pd.jpg

9月には、ヤマボウシの実が食べられる。
シャリシャリして、マンゴーのように甘いとあるので、今年は、食べるのを楽しみに待つことにする。

IMG_8048pd.jpg

人気ブログランキングへ
ここをクリックしてください
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

司祭 ヨハネ 橋本光明

Author:司祭 ヨハネ 橋本光明
 Rev.John M.Hashimoto
福島県福島市にある吾妻高原聖アンナ教会の牧師・司祭。
出身地は、福島県いわき市平。
1947年(昭和22年)3月生。
日本聖公会仙台基督教会(宮城県)、鶴岡聖公会(山形県)、米沢聖ヨハネ教会(山形県)、二本松聖マリヤ教会(福島県)、福島聖ステパノ教会(福島県)の牧師および管理牧師、福島聖愛幼稚園の園長として勤務。
挙式組数が、3000組を超え、朝、夕の祈りに、挙式者を覚え、ご家族のご健康と、幸せを祈る毎日です。
モットーは、キリストが、十字架の死を通して、自己犠牲と無償の愛を示された。その愛を、自らも実践し、キリストの愛を、一人でも多くの人に伝えたい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード