我が家の梅雨入り

2010-06-16(Wed)
今日は、朝から本降りの雨。
14日(月)に、関東、南東北の梅雨入りが、気象台から発表された。
これまで、梅雨を感じなかったが、今朝は、やはり、梅雨かと、実感した。

庭のサツキが、いつもより遅めの開花。
雨の滴が、キラキラ、光っていた。
久しぶりのお湿りで、サツキも生き返ったように、花を咲かせている。

IMG_7939pd.jpg

ふと、外壁に目をやると、カタツムリが、這い上っていた。
アジサイの葉の上だと、絵になるのにと思いつつ、シャッターを押した。
庭で、よくカタツムリがうごめいているのを、見かける。
梅雨に、お似合いの虫たちだ。

IMG_7935pd.jpg

カタツムリ
「カタツムリ」という語は日常語であって、生物学的な分類では多くの科にまたがるため厳密な定義はない。陸貝(陸に生息する腹足類)のうち、殻のないものを大雑把に「ナメクジ」、殻を持つものを「カタツムリ」「デンデンムシ」などと呼ぶ。一般にカタツムリは蓋をもたず触角の先に目を持つ有肺類の陸貝、中でも球型や饅頭型の殻を持つものを指す。殻に蓋をもつヤマタニシ、または細長い殻をもつキセルガイなどは通常カタツムリとは呼ばれない。
日本産ではオナジマイマイ科やニッポンマイマイ科の種類が代表的なものである。乾燥に弱く、移動能力が小さく、また、長距離の移動や山脈や水域を越えるのも難しいため、地域ごとに種分化が起こりやすい。種類は北より南の地方で多い傾向があるのは他の動物群と同様である。日本列島に限っても、広い分布域をもっているのは畑地や人家周辺にも見られるウスカワマイマイや、外来種のオナジマイマイなどごくわずかな種で、それ以外のカタツムリは地域ごとに異なる種が生息しており、関東と関西では多くの種類が入れ替わっている。また島などでは特に種分化が起こりやすく、南西諸島や小笠原諸島では島ごとに固有種が進化していることも多い。このような種分化は地球規模ではさらに顕著で、大陸間では科や属のレベルで大きく異なるのが普通である。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

昨日、ホームセンターから、ミニトマト(アイコ )の苗を、6本、買ってきた。
黄色、赤、3本ずつだ。
花を観賞し、実がなれば、その成長と、色づく様子が、楽しみだ。

IMG_7949pd.jpg

トマトの葉にも、花にも、雨の滴が、遊んでいた。
トマトに、あまり水分を与えない方が、甘いトマトになると聞く。
この梅雨の雨は、どうなのだろうか。
棚に雨除けのシートをかけているところもあるから、軒下に移した方がいいだろうか。
きっと、庭担当の義母が、教えてくれるだろう。

IMG_7945pd.jpg

人気ブログランキングへ
ここをクリックしてください
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

司祭 ヨハネ 橋本光明

Author:司祭 ヨハネ 橋本光明
 Rev.John M.Hashimoto
福島県福島市にある吾妻高原聖アンナ教会の牧師・司祭。
出身地は、福島県いわき市平。
1947年(昭和22年)3月生。
日本聖公会仙台基督教会(宮城県)、鶴岡聖公会(山形県)、米沢聖ヨハネ教会(山形県)、二本松聖マリヤ教会(福島県)、福島聖ステパノ教会(福島県)の牧師および管理牧師、福島聖愛幼稚園の園長として勤務。
挙式組数が、3000組を超え、朝、夕の祈りに、挙式者を覚え、ご家族のご健康と、幸せを祈る毎日です。
モットーは、キリストが、十字架の死を通して、自己犠牲と無償の愛を示された。その愛を、自らも実践し、キリストの愛を、一人でも多くの人に伝えたい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード