トウゴクミツバツツジ、満開です!!

2010-05-05(Wed)
今年の連休は、信じられない、素晴らしい、よい天気に恵まれ、終わろうとしている。
4月、雪の降る荒れた天気の面影はなく、その分を取り返そうとばかりの、五月晴れだ。

アンナガーデンは、この天気に誘われてか、県内外からの車で、駐車場満杯の日が続いた。
その来客を、今年は、満開になった、トウゴクミツバツツジが迎えた。

トウゴクミツバツツジ
トウゴクミツバツツジ(東国三葉躑躅 学名Rhododendron wadanum)はツツジ科ツツジ属の落葉低木。関東の山地に多いことからこの名が付いた。代表種のミツバツツジとは違い、おしべが10本あり、主に5月中旬~6月上旬にかけて咲く。ミツバツツジよりも花期がやや遅く、標高の高い場所(標高1000m以上)に見られる。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

IMG_3924xxxx.jpg

IMG_3900x.jpg

このツツジは、10年前、西田記念館のツツジを見た、岐阜県の原氏が、自社工場敷地内に、綺麗に咲く山ツツジがあるので、それを寄贈したいと申し出た。
この山ツツジは、トウゴクミツバツツジといい、11本頂き、西田記念館、家具のこばやし、そして、アンナガーデン入り口に、翌年2001年(平成13年)3月に植えた。
自然に生えていたものを移植したので、根付くか心配だったが、当時の西田記念館館長の渡辺氏が、任期中、水やりや追肥に精を出し、このように見事な花をつけるまでに成長した。

IMG_3906a.jpg

IMG_3898a.jpg

花の咲く時期に天気に恵まれ、沢山の花をつけたため、ミツバチもやってきた。
ピンクがかった紫の、光輝くこの色は、何と高貴なことか。

残念なのは、アンナガーデンに来る人は、あまり花に関心がないのか、花に近づいてみてくれる人がいない。
この貴重なツツジの花と、その色を、皆さんには、じっくり見て頂こう。

IMG_3943a.jpg

IMG_3998a.jpg

IMG_4022a.jpg

人気ブログランキングへ
ここをクリックしてください 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

司祭 ヨハネ 橋本光明

Author:司祭 ヨハネ 橋本光明
 Rev.John M.Hashimoto
福島県福島市にある吾妻高原聖アンナ教会の牧師・司祭。
出身地は、福島県いわき市平。
1947年(昭和22年)3月生。
日本聖公会仙台基督教会(宮城県)、鶴岡聖公会(山形県)、米沢聖ヨハネ教会(山形県)、二本松聖マリヤ教会(福島県)、福島聖ステパノ教会(福島県)の牧師および管理牧師、福島聖愛幼稚園の園長として勤務。
挙式組数が、3000組を超え、朝、夕の祈りに、挙式者を覚え、ご家族のご健康と、幸せを祈る毎日です。
モットーは、キリストが、十字架の死を通して、自己犠牲と無償の愛を示された。その愛を、自らも実践し、キリストの愛を、一人でも多くの人に伝えたい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード