三春滝桜に謁見(えっけん)す!!(後篇)

2010-04-28(Wed)
たった一本の古木にすぎない桜の、
その魅力は、枝の張り具合に見られる、歴史を経た老練さと、それを卓越した美である。
そして、さらには、花の美しさである。
三春滝桜は、全体と、個々との調和ある美である。

IMG_2966a.jpg

花をよく見ると、ソメイヨシノとの違いがすぐ分かる。
花が、一つ一つ独立しておらず、まとまりがあるのだ。

IMG_3070a.jpg

小手毬 (こでまり)のように、花がまとまって咲いている。
それらが、花に厚みを増し、迫力を醸し出している。

IMG_3059a.jpg

それでいて、一つ一つの花は、小振りだ。
ソメイヨシノの半分くらい、小さい。
ピンク色は、それよりも濃い。

IMG_3011a.jpg

細く伸びた枝、一本一本の先端まで、可愛い花をつけている。
そこまでも届く、偉大な生命力。
大胆であり、かつ繊細さを見せつける。

IMG_3014a.jpg

そして、それらを支える、太い幹。
この幹を見ているだけで、いくら時間があっても飽きないほどの、インパクトだ。
幹の周りは、9.5メートルもある。

IMG_3052a.jpg


この滝桜の魅力は、一言で語れない。
見る人の人生と、滝桜が向かい合った時、自ずと感じるものがある。

IMG_3224a.jpg

黙して、滝桜の一点を見つめ、滝桜からの声に耳を傾けた。
小鳥のさえずりか、風か、車の流れか、聞こえる音の合間に、私にだけ聞こえる声があった。

人気ブログランキングへ
ここをクリックしてください 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

司祭 ヨハネ 橋本光明

Author:司祭 ヨハネ 橋本光明
 Rev.John M.Hashimoto
福島県福島市にある吾妻高原聖アンナ教会の牧師・司祭。
出身地は、福島県いわき市平。
1947年(昭和22年)3月生。
日本聖公会仙台基督教会(宮城県)、鶴岡聖公会(山形県)、米沢聖ヨハネ教会(山形県)、二本松聖マリヤ教会(福島県)、福島聖ステパノ教会(福島県)の牧師および管理牧師、福島聖愛幼稚園の園長として勤務。
挙式組数が、3000組を超え、朝、夕の祈りに、挙式者を覚え、ご家族のご健康と、幸せを祈る毎日です。
モットーは、キリストが、十字架の死を通して、自己犠牲と無償の愛を示された。その愛を、自らも実践し、キリストの愛を、一人でも多くの人に伝えたい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード