教会のチバザクラ、咲く!!

2010-04-21(Wed)
17日土曜日の大雪を境に、暖かくなり、教会のサクラは、一斉に咲きはじめた。
当教会の千葉館長は、10年かけて敷地を整地し、花を愛でる場所を願ってサクラの木を植えた。
誰とはなしに、そのサクラたちをチバザクラと呼ぶようになった。

サクラの幹は、まだ細く、いつ花をつけるか、心待ちにしていた。
が、やっとサクラらしい枝ぶりと花をつけるまでになった。
遠く吾妻小富士を眺めながら見るサクラは、格別だ。
一度消えた種まきウサギが、また現れた。

IMG_2801a.jpg

この荒井地区にある自衛隊福島駐屯地、種畜牧場のサクラも咲き、市内から1週間遅れて、満開となる。
牧草も緑濃くなり、いい季節になった。

IMG_2906a.jpg

濃いピンクの花をつけるサクラは、陽光(ようこう)。
蕾は、赤に近い色をして、華やかだ。

IMG_2832a.jpg

IMG_2852a.jpg

IMG_2855a.jpg

IMG_2923a.jpg

淡いピンクは、ソメイヨシノ。
上品な花をつけ、今年は、沢山の花を咲かせた。

ここまで花を咲かせるには、並みならぬ苦労があった。
雑草のクズは、法面を蔓で覆い、切っても切っても、生えてきた。
松をはじめ、雑木も生えてきた。
これも切っても切っても、生えてきた。
館長は、すべての根を枯らすまで、戦いの連続だった。
サクラを植えた後も、追肥、消毒、除草の作業が続いた。

そして、今、可憐かつ、気品漂う花を咲かせる時を迎えた。

IMG_2884a.jpg

IMG_2902a.jpg

IMG_2929a.jpg

IMG_2936a.jpg

人気ブログランキングへ
ここをクリックしてください 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

司祭 ヨハネ 橋本光明

Author:司祭 ヨハネ 橋本光明
 Rev.John M.Hashimoto
福島県福島市にある吾妻高原聖アンナ教会の牧師・司祭。
出身地は、福島県いわき市平。
1947年(昭和22年)3月生。
日本聖公会仙台基督教会(宮城県)、鶴岡聖公会(山形県)、米沢聖ヨハネ教会(山形県)、二本松聖マリヤ教会(福島県)、福島聖ステパノ教会(福島県)の牧師および管理牧師、福島聖愛幼稚園の園長として勤務。
挙式組数が、3000組を超え、朝、夕の祈りに、挙式者を覚え、ご家族のご健康と、幸せを祈る毎日です。
モットーは、キリストが、十字架の死を通して、自己犠牲と無償の愛を示された。その愛を、自らも実践し、キリストの愛を、一人でも多くの人に伝えたい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード