エゾムラサキツツジ・家具のこばやし

2010-04-16(Fri)
今日も寒い日になった。
福島や東京で、明日、雪の予報が出ているのは、異常だ。
そのせいか、サンシュユは、今も元気に咲いている。
他の花を探しに、アンナガーデンを歩く。

家具のこばやしに、ピンクがかった紫と白の花が咲いていた。
専務に聞くと、エゾムラサキツツジと教えて頂いた。

IMG_1524a.jpg

IMG_1576ab.jpg

IMG_1595ab.jpg

IMG_1601ab.jpg

エゾムラサキツツジ(Rhododendron dauricum ツツジ科 ツツジ属)
エゾムラサキツツジは、北東アジアに原産し、高さが1~2メートルになる半常緑低木で、日本では北海道に自生種が見られる。よく枝分かれし、その先端に直径2~3センチの紅紫色の花を数個集まってつける。花冠は漏斗形で、5個に深く裂ける。葉は枝先に集まってつき、楕円形~長楕円形で、先はとがらず縁はしばしば外側に巻く。質は硬く、光沢があり、両面に鱗片毛が密生する。
エゾムラサキツツジは、市内や近郊の庭園、公園、街路樹に多く利用されている。落葉する葉と越冬する葉があるため半常緑低木とされる。花は越冬した葉の脇につけ、新しい葉は花後にでる。桜が咲く前の花が少ない時期に紅紫色の花を多数つけるのでよく目立つ。花期 4月下旬~5月下旬
引用:エゾムラサキツツジ
   http://futarinoyakata.web.infoseek.co.jp/gardening-ezomurasakitsutsuji.html

IMG_1534a.jpg

IMG_1554ab.jpg

IMG_1563ab.jpg

午後5時30分、シャッターを押す指が、痛いくらい寒い。
桜が満開の4月なのに、いつ雪が降ってもおかしくない寒い日が続いている。
花が咲いているところを見ると、春一杯で、ほっとした。

IMG_1622xxx.jpg

人気ブログランキングへ
ここをクリックしてください 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

司祭 ヨハネ 橋本光明

Author:司祭 ヨハネ 橋本光明
 Rev.John M.Hashimoto
福島県福島市にある吾妻高原聖アンナ教会の牧師・司祭。
出身地は、福島県いわき市平。
1947年(昭和22年)3月生。
日本聖公会仙台基督教会(宮城県)、鶴岡聖公会(山形県)、米沢聖ヨハネ教会(山形県)、二本松聖マリヤ教会(福島県)、福島聖ステパノ教会(福島県)の牧師および管理牧師、福島聖愛幼稚園の園長として勤務。
挙式組数が、3000組を超え、朝、夕の祈りに、挙式者を覚え、ご家族のご健康と、幸せを祈る毎日です。
モットーは、キリストが、十字架の死を通して、自己犠牲と無償の愛を示された。その愛を、自らも実践し、キリストの愛を、一人でも多くの人に伝えたい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード