聖アンナ教会の桜が咲いた!!

2010-04-10(Sat)
二三日前から、教会入り口向かって左側の斜面にある桜の木に、花が付いているのを見かけた。
今日は、朝から暖かだったので、一気に、桜の花が開きはじめたようだ。

この桜は、四季桜(しきざくら)といい、千葉館長が、5年前に植えたもの。
斜面の土は痩せていて、思うように成長しなかったが、去年あたりから花を咲かせ始めた。

四季桜(しきざくら)
四季桜は春と秋に花をつける。春は彼岸頃から開花を始め、ヒガンザクラと同時期から満開となり、白や淡紅色の花をつける。秋は10月から12月と続いて 咲く。時期外れに咲き続ける桜は、不断桜、冬桜、寒桜などの名前で呼ばれ、小原村では「四季桜」と呼び村の木に制定し、保護・増殖をはかっている。
引用:愛知県豊田市の北、岐阜県の境界にある小原村のホームページ
   http://qpon.cool.ne.jp/nobana/4sakura/4sakura.htm

IMG_0988a.jpg

天気がいいので、ミツバチは、忙しく、飛び回っていた。
ミツバチの種類は確認できなかったが、大きいのから、小さいのまで、何種類か来ていた。

IMG_1010a.jpg


IMG_1056a.jpg

当教会の千葉館長は、時間を見て、庭の手入れをしている。
館長が赴任する前、お世辞にも、きれいな庭とは言えず、館長一人奮起して木を植え始めた。
特に桜の木を植え、桜の名所になることを願って、色々な種類を植えた。

IMG_1037ab.jpg

これから咲く桜は、ソメイヨシノ、濃いピンクの陽光(ようこう)、ヤマザクラ。
ソメイヨシノは、植えて8年になり、立派な木に成長している。
まだ花をつけないが、その他の桜として、安行(あんぎょう)、楊貴妃(ようきひ)、紅時雨(べにしぐれ)、一重咲きの仙台屋(せんだいや)、八重桜の関山(かんざん)などがある。

IMG_1034ab.jpg

人気ブログランキングへ
ここをクリックしてください 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

司祭 ヨハネ 橋本光明

Author:司祭 ヨハネ 橋本光明
 Rev.John M.Hashimoto
福島県福島市にある吾妻高原聖アンナ教会の牧師・司祭。
出身地は、福島県いわき市平。
1947年(昭和22年)3月生。
日本聖公会仙台基督教会(宮城県)、鶴岡聖公会(山形県)、米沢聖ヨハネ教会(山形県)、二本松聖マリヤ教会(福島県)、福島聖ステパノ教会(福島県)の牧師および管理牧師、福島聖愛幼稚園の園長として勤務。
挙式組数が、3000組を超え、朝、夕の祈りに、挙式者を覚え、ご家族のご健康と、幸せを祈る毎日です。
モットーは、キリストが、十字架の死を通して、自己犠牲と無償の愛を示された。その愛を、自らも実践し、キリストの愛を、一人でも多くの人に伝えたい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード