FC2ブログ

春の訪れ・クロッカス

2014-03-26(Wed)
休館明けの今日、教会に来ると、クロッカスの花が迎えてくれた。
22日、二つ、三つ咲き始めたが、今日、黄色ばかりだが、一斉に咲いていた。
つい10日前まで、雪に埋もれていた教会入口斜面。
春の訪れを、一番に察知したクロッカスが、春を告げていた。

IMG_2332pd.jpg

春先に咲く花に、黄色の花が多いが、この色に、希望と躍動を感じさせられ、気持ちがいい。
そして、これから全てが始まるよとの宣言を聞くようで、リフレッシュされた気持ちになる。
ああ、あの大雪から解放され、やっと、春が来たんだと、実感した。

IMG_2338pd.jpg

クロッカスの花たちを見て、一つの場面と重なった。
昨日、一昨日の二日間、孫たちが家に来た。
天気が良かったので、福島市大笹生・十六沼公園にある、ぴょんぴょんドームに連れて行った。
雨除けの屋根があるだけで、壁もなく解放された施設で、そこに、ぴょんぴょん飛び跳ねる遊具がある。
他に、滑り台、ブランコ、鉄棒、タイヤ飛び、わんぱく山と、子供たちが喜びそうなものばかりだ。
   ぴょんぴょんドーム : 福島民報掲載

IMG_2356pd.jpg

行ってびっくり、驚かされた。
平日なのに、子供たちが、いっぱい来ていたのだ。
春休みに入っていることもあるが、春休みに関係ない、小さな子供たちも沢山来ていた。
周りが自然に囲まれ、静かな佇まいなのに、ドームの周囲だけが賑わい、大騒ぎだ。
一緒に来ている家族も沢山いて、美味しそうなお弁当を広げていた。

IMG_2365pd.jpg

こんなに沢山の子供たちを間近で見るのは、久しぶりだが、
その光景を見ながら、元気な子供たちの声を聞き、喜びが心に満ちて来た。
そして、福島にもやっと、希望の春が戻って来たんだと、強く感じさせられた。
クロッカスの花を見ていたら、ぴょんぴょんドームで飛び跳ねる、子供たちの顔を思い出した。

IMG_2376pd.jpg


人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg
    ここをクリックしてください
プロフィール

司祭 ヨハネ 橋本光明

Author:司祭 ヨハネ 橋本光明
 Rev.John M.Hashimoto
福島県福島市にある吾妻高原聖アンナ教会の牧師・司祭。
出身地は、福島県いわき市平。
1947年(昭和22年)3月生。
日本聖公会仙台基督教会(宮城県)、鶴岡聖公会(山形県)、米沢聖ヨハネ教会(山形県)、二本松聖マリヤ教会(福島県)、福島聖ステパノ教会(福島県)の牧師および管理牧師、福島聖愛幼稚園の園長として勤務。
挙式組数が、3000組を超え、朝、夕の祈りに、挙式者を覚え、ご家族のご健康と、幸せを祈る毎日です。
モットーは、キリストが、十字架の死を通して、自己犠牲と無償の愛を示された。その愛を、自らも実践し、キリストの愛を、一人でも多くの人に伝えたい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード