FC2ブログ

晴れ間のひととき

2014-02-20(Thu)
青空と雪の白さが、眩しい朝を迎えた。
14日から16日にかけて降った大雪は、一段落し、その片付けに追われる毎日だ。
19日(水)、やっと大型除雪機が来て、雪を移動したので、車が自由に通行できるまでになった。

IMG_1890pd.jpg

でも、幹線道路をはじめ、交通の要所は、まだ、沢山の雪が片づけられず、通行の障害になっている。
私の住んでいる住宅地の坂道では、片側一車線だが、雪で道路が狭くなり、バスが通ると、渋滞する。

IMG_1926pd.jpg

それにしても、青空に映えて、白い雪が美しい。
あれほど、苦労させられた雪だが、雪に罪はない。
雪があるせいか、観光客が、結構来ている。

IMG_2042pd.jpg

この雪が消えるには、もう少し時間がかかるが、もっと、雪と仲良しになってもいい気がする。
私は、いわきの雪のない町に生まれ育ったから、雪と遊んだ、楽しい光景ばかりを思い出す。

IMG_1944pd.jpg

ところが、家内は、秋田の雪国で生まれ育ったから、雪が嫌いだ。
スキー、そり、雪合戦など、もってのほか、雪を楽しむ気が起きない。
雪とのいい思い出が、少しもないからだ。
雪国だったら、もっと、雪と楽しめただろうと、単純に考えてしまうが、
今回のような大雪に遭遇すると、さもありなん。

IMG_2029pd.jpg

しかし、されど・・・だ。
韓流ドラマ「冬のソナタ」に、すっかりはまった、わが奥様なのだから、
雪を見て、チュンサンとユジンを思い出せばいいのに・・・と思ったり、
何かしら、楽しかったことに置き換えれば、雪の良さも、受け入れられるというものだろう。

IMG_1949pd.jpg

それにしても、この大雪、いつになったら、消えるだろうか。
アンナガーデンの各店舗のスタッフは、暇さえあれば、雪を崩して、道路に広げ、
早く、雪の束縛から、解放されたい、一心でいる。

IMG_1957pd.jpg

雪は降り止んでも、連日、連日-4℃にもなる。
融けた雪が、大きなつららとなって、軒を飾る。
屋根を痛めないといいのだが。

IMG_1963pd.jpg

CHAZAと、スノースヒルの間の坂は、この時期、魔の坂となる。
雪が融けても、氷となって、車が通るのを邪魔する。
トラック、乗用車、車種を問わず、スリップして登れないのだ。
道路わきに、滑り止め用の砂を用意してあるが、それを利用するチャンスが難しい。
どうぞ、気をつけて、お通り下さい。

IMG_1992pd.jpg

スノースヒルの駐車場は、すっかり、雪がなくなった。
除雪の効果があったほかに、この場所は、日当たりがいい。
どんな除雪作業よりも、日の光の効果は、最大だ。
今日も、福島市内が、きれいに見えた。

IMG_1930pd.jpg

そして、最後は、いつもの聖アンナ教会。
雪がお似合いだが、この時期、結婚式がなかったので、除雪は後回しだ。
以前、この雪の中での挙式を希望されたカップルがおられた。
雪を希望されても、ハイ、どうぞと、提供できるものではないから、雪乞いのお祈りをした。
前日まで、ひとかけらの雪もない、2月の佳い日。
夜から朝にかけて、見事に雪が降り、カップルは、大満足だった。
披露宴は、スノースヒル。
雪だるまで玄関を飾るよう注文を受けていたので、見事な雪だるまが、招待客をお迎えした。

IMG_1906pd.jpg

雪の被害から解放されつつある、福島だが、まだまだ、雪に埋もれている地区がある。
どうか、一日も早く、元の生活に戻れますように。
特に、今回目立つのは、農家のビニールハウスの被害だ。
これから、イチゴ、野菜、花卉と、仕事に活気の出る矢先、大打撃を受けた。
これから立ち直るには、まだ時間がかかりそうだ。
どうか、国、県、市町村の、暖かな配慮があり、農業に希望が持てますようにと、強くお祈りした。

IMG_2062pd.jpg


人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg
    ここをクリックしてください
プロフィール

司祭 ヨハネ 橋本光明

Author:司祭 ヨハネ 橋本光明
 Rev.John M.Hashimoto
福島県福島市にある吾妻高原聖アンナ教会の牧師・司祭。
出身地は、福島県いわき市平。
1947年(昭和22年)3月生。
日本聖公会仙台基督教会(宮城県)、鶴岡聖公会(山形県)、米沢聖ヨハネ教会(山形県)、二本松聖マリヤ教会(福島県)、福島聖ステパノ教会(福島県)の牧師および管理牧師、福島聖愛幼稚園の園長として勤務。
挙式組数が、3000組を超え、朝、夕の祈りに、挙式者を覚え、ご家族のご健康と、幸せを祈る毎日です。
モットーは、キリストが、十字架の死を通して、自己犠牲と無償の愛を示された。その愛を、自らも実践し、キリストの愛を、一人でも多くの人に伝えたい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード