FC2ブログ

春の光、輝く!!

2013-04-29(Mon)
午前5時前、空は晴れ、日の出の光がまぶしかった。
午前9時、教会に着くと、山々の新緑は、朝日を浴びて輝いていた。
私は、アンナガーデンのこの時期が気に入っている。
まだ人気のないこの時間、誰が見るわけではないのに、春一番の美しさをまとい、
ひたすらに生きている、命の力を感じる。

IMG_1216pd.jpg

今年は、ヤマザクラが見事だ。
ソメイヨシノほどの華やかさはないが、自分の存在位置を良くわきまえ、
出しゃばらず、それでいて、自分のあるがままの姿を誇示している。
今年のヤマザクラの花の量は、どの木を見ても、素晴らしい。

IMG_1227pd.jpg

一日一日過ぎるごとに、緑深める山中で、ヤマザクラは、その存在を極める。
今年のヤマザクラは、花開くタイミングも、最高だった。
雪の多かった冬、暖かな早春、そして、例年より寒い春を過ごしている。
この不規則、変則、アンバランスの気候が、ヤマザクラに活力を与え、奮起し、
まるで、爆発したと大げさに言いたいほど、一斉に花をつけたのだ。

IMG_1223pd.jpg

アンナガーデン入口で、来客者を迎える、カツラの木。
この場所に植えられた時は、大きい割に、葉もつけず、役立たずの体だった。
ところが、今年は、早くから全体に葉をつけ、メインツリーの名誉挽回と、元気だ。

IMG_1248pd.jpg

このヤマザクラは、ピッツア店舗裏に咲いている。
アンナガーデン内で、何本ものヤマザクラが咲いているが、
この木はそう大きくもなく、目立たない場所で咲いていながら、
花の勢いは、一番だった。

IMG_1305pd.jpg

家具のこばやしの正面。
右の大きな木は、ケヤキ。
枝の先に少し新芽が出ていたが、どこのケヤキも、全体に葉をつけるのは、これからだ。
暑い夏、このケヤキの木陰は、最高に気持ちがいい。

IMG_1292pd_20130502172332.jpg

ふくしま路ビールから、吾妻小富士を眺める。
ここから塀の陰になって見えないが、ヤマボウシの枝に、可愛い葉が一杯ついていた。
これから、6月に咲くヤマボウシの白い花も見事だ。

IMG_1238pd.jpg

トウゴクミツバツツジの、高貴な紫の花が咲いた。
いつも、5月の連休に合わせて咲くから、例年通りということか。
このツツジは、ヤマツツジの仲間だが、東北ではなかなか見られない。
  参照 : トウゴクミツバツツジについて、2010年5月5日のブログ


IMG_1253pd.jpg

何でもそうだが、手をかけないと、衰える。
最近、このツツジを世話をする人がいない。
折れた枝、曲った根、伸びる蔓(つる)が、このツツジを痛めている。
貴重なこのツツジを労わるお方、ぜひ、救いの手を差し伸べてほしい。

IMG_1251pd.jpg

今年も、吾妻小富士は、ツツジとのコラボが、とても似合っている。
この連休に沢山の来客があると思うが、
このツツジに、何人、気付いて、足を止め、カメラを向けてくれるだろうか。

IMG_1261pd.jpg


人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg
    ここをクリックしてください
プロフィール

司祭 ヨハネ 橋本光明

Author:司祭 ヨハネ 橋本光明
 Rev.John M.Hashimoto
福島県福島市にある吾妻高原聖アンナ教会の牧師・司祭。
出身地は、福島県いわき市平。
1947年(昭和22年)3月生。
日本聖公会仙台基督教会(宮城県)、鶴岡聖公会(山形県)、米沢聖ヨハネ教会(山形県)、二本松聖マリヤ教会(福島県)、福島聖ステパノ教会(福島県)の牧師および管理牧師、福島聖愛幼稚園の園長として勤務。
挙式組数が、3000組を超え、朝、夕の祈りに、挙式者を覚え、ご家族のご健康と、幸せを祈る毎日です。
モットーは、キリストが、十字架の死を通して、自己犠牲と無償の愛を示された。その愛を、自らも実践し、キリストの愛を、一人でも多くの人に伝えたい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード