FC2ブログ

聖アンナ祭と、梅雨明け

2012-07-26(Thu)
仙台管区気象台は今日、東北北部を含む東北地方が梅雨明けしたとみられると発表した。
福島の梅雨明けは平年より1日遅く、昨年に比べ17日遅い。
気温も上がり、福島市の最高気温は、33.5度にもなった。

IMG_3456pd.jpg

梅雨が明けたこの日、アンナガーデン主催の、聖アンナ祭が、午後7時30分から、聖アンナ教会を会場に行われた。聖アンナ祭は、聖アンナ様の誕生日7月26日に毎年開かれ、今年で、18回目を迎えた。
聖アンナ様は、主キリストを出産した聖マリアの、お母様である。
グラスキャンドルを階段に灯し、その光で導くように、聖歌隊にエスコートされた聖アンナ様をお迎えした。
そして、聖アンナ様からのメッセージを頂き、また聖アンナ様の生き方に学び、牧師はその趣旨に沿ったメッセージを伝えた。

IMG_3484pd.jpg

最後に、当時の食事を思い浮かべながら、聖アンナ様からパンとブドウ酒(実際は、生ブドウ液)を頂き、聖アンナ様からフラワーシャワーで祝福を受けた。
小一時間であるが、毎年アンナガーデンのオーナーを中心に集まり、家庭の幸せを神に感謝し、健康と仕事に、豊かなお恵みを求め、全員で祈った。

IMG_3480pd.jpg

今年の牧師からのメッセージは、7月23日、朝日新聞朝刊一面に載った記事、筑波大教授・社会学者 土井隆義さんが書かれた「いじめられている君へ 友達づくり苦手でいい」を読み、話を始めた。
   朝日新聞 「いじめられている君へ 友達づくり苦手でいい」

IMG_3519pd.jpg

各新聞には、大津のいじめ事件から、様々な専門家の意見が載せられている。
土井さんの話もその流れからだが、もし耐えがたい、辛い境遇があるなら、そこから逃げることを勧めている。
日本は島国であり、自分の置かれている集団から逃れることは、不可能に近い。
しかし、それは、死を選ぶよりも、より賢い決断である。
学校であろうと、職場であろうと、また密接な隣組であろうと、逃れることで解決できる道を知るべきである。

IMG_3498pd_20120729115411.jpg

イエス・キリストも、誕生後、当時のユダヤの王、ヘロデによって、命が狙われた。
父ヨセフは、天使の声を聞き、家族とともに、エジプトに逃れた。
聖アンナ様も、一緒について行ったに違いない。
逃げるという言葉に、違和感があるかもしれないが、それも、一つの生きる道である。

IMG_3511pd.jpg

日本は今、去年3月の震災と津波、それに原発事故、さらに自然災害により、多くの人が避難している。
こんなにも、避難することが、自分にとって、身近な出来事と感じたことはない。
どんな状況におかれても、逃げる場所を持つことは、大切なことである。

IMG_3462pd.jpg

結婚した人が、実家に帰ってホッとすることがあるように、今を大切に生きる人にとって、
逃れる場所を持っていることほど、強い味方はない。
聖書の詩篇62編に、「神はわが力の岩、わが避け所である」とある。
「避け所」を持つこと、私たちは、真剣に考えなければならない。

IMG_3465pd.jpg


人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg
    ここをクリックしてください
プロフィール

司祭 ヨハネ 橋本光明

Author:司祭 ヨハネ 橋本光明
 Rev.John M.Hashimoto
福島県福島市にある吾妻高原聖アンナ教会の牧師・司祭。
出身地は、福島県いわき市平。
1947年(昭和22年)3月生。
日本聖公会仙台基督教会(宮城県)、鶴岡聖公会(山形県)、米沢聖ヨハネ教会(山形県)、二本松聖マリヤ教会(福島県)、福島聖ステパノ教会(福島県)の牧師および管理牧師、福島聖愛幼稚園の園長として勤務。
挙式組数が、3000組を超え、朝、夕の祈りに、挙式者を覚え、ご家族のご健康と、幸せを祈る毎日です。
モットーは、キリストが、十字架の死を通して、自己犠牲と無償の愛を示された。その愛を、自らも実践し、キリストの愛を、一人でも多くの人に伝えたい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード