フジの花

2010-05-18(Tue)
テレビ、新聞等で、紹介していたので、フジの花を見に出かけた。
ここは、福島市上野寺祭田にある、民家の庭。
東北道・吾妻パーキングの西側に位置するが、道が狭く、決められた駐車場もないことから、沢山の見学者が来れば、車を止めるのに、難儀する。
近所の協力や理解があってか、道路や、空き地に止められた。

IMG_5159tp.jpg

フジ
フジ属 (Wisteria) は、マメ科のつる性の落葉木本である。フジ(藤)と総称する。ただし、フジはフジ属の一種ノダフジ Wisteria floribunda の別名でもある。フジ属は、日本、北アメリカ、東アジアに自生し、フジ(ノダフジ)とヤマフジの2種が日本固有種である。このほか、中国でシナフジ、欧米でアメリカフジなども栽培されている。
ノダフジ
日本においてフジといわれるものはノダフジである。本州・四国・九州の温帯から暖帯に分布する。山野に普通。木に巻きついて登り、樹冠に広がる。かなり太くなるツル性の木本である。花序は長くしだれて20センチメートルから80センチメートルに達する。花は紫色。蔓の巻き方は、右巻き(上から見て中心から外側へ時計回りに見える巻き方)である。ノダフジ(野田藤)の名は、この種が植物学者の牧野富太郎により命名されるきっかけとなった、フジの名所であった大阪市福島区野田にちなんでいる。
ヤマフジ
他の木に巻きついて大きく成長する。花は淡紫。花序はフジに比較して短く、蔓は上から見ると左回り。本州西部・四国・九州(暖帯)の山地に自生する。鑑賞用に栽培することもある。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

今年は、天候不順のせいか、咲き方に変化が見られた。
咲いているところと、まだ咲いていないところが、はっきりしている。
それでも、花の多さと、花の香りに、圧倒された。

IMG_5111ap.jpg

花の房は、長いところで、1.5メートルにも伸び、上の方から、咲いてくる。
ミツバチも、ブンブンと、忙しく飛んでいた。

IMG_5167a.jpg

フジの花の家主、菅野さんに、お聞きした。
フジの樹齢は、約40年だが、3本の木が、その枝を伸ばしている。
200坪近い庭に、枝を広げ、花が所狭しと咲いている。
今年は、1週間ほど、遅れているが、この週末まで、十分楽しめるとのこと。

IMG_5109ap.jpg

平日なのに、沢山の見学者で、椅子も満杯だった。
菅野さんは、見学者、みんなに声をかけ、無料で、お茶のサービスをしている。
花もさることながら、こうして、自然に生まれる語らいが、心を和ませてくれる。
感謝と、労いの気持ちを懐いて、菅野さんと、花に別れを告げた。

IMG_5149tp.jpg

人気ブログランキングへ
ここをクリックしてください 
プロフィール

司祭 ヨハネ 橋本光明

Author:司祭 ヨハネ 橋本光明
 Rev.John M.Hashimoto
福島県福島市にある吾妻高原聖アンナ教会の牧師・司祭。
出身地は、福島県いわき市平。
1947年(昭和22年)3月生。
日本聖公会仙台基督教会(宮城県)、鶴岡聖公会(山形県)、米沢聖ヨハネ教会(山形県)、二本松聖マリヤ教会(福島県)、福島聖ステパノ教会(福島県)の牧師および管理牧師、福島聖愛幼稚園の園長として勤務。
挙式組数が、3000組を超え、朝、夕の祈りに、挙式者を覚え、ご家族のご健康と、幸せを祈る毎日です。
モットーは、キリストが、十字架の死を通して、自己犠牲と無償の愛を示された。その愛を、自らも実践し、キリストの愛を、一人でも多くの人に伝えたい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード