ワラビ取り

2010-05-10(Mon)
今日も、朝から雲ひとつない、いい天気だ。
義母が、ワラビを取りに行きたいというので、6時前に、家を出た。

我が家の秘密ワラビ畑に着いた時には、もう日が昇っていた。
木洩れ日の射す森に入った。
風もなく、気温は7度だったが、寒くは感じなかった。
空気が、とても爽やかだった。

IMG_4488a.jpg

今日は月曜日。
この辺は、山菜とりの名人が来ている。
もしかして、昨日、せっかく出てきたワラビを、取られてしまったのではないか、心配だった。

間もなく、心配が、喜びに変わった。
誰も来ていなかった。
ちょうどいい具合に、ワラビは伸び、私達の来るのを待っていた。

IMG_4439a.jpg


ワラビ
ワラビ(蕨、学名:Pteridium aquilinum)はシダ植物の1種。コバノイシカグマ科であるが、かつてはイノモトソウ科に分類されていた。草原、谷地、原野などの日当たりのよいところに群生している。酸性土壌を好む。山菜のひとつに数えられている。春から初夏にまだ葉の開いてない若芽(葉)を採取しスプラウト(食用の新芽)として食用にするほか、根茎から取れるデンプンを「ワラビ粉」として利用する。ただし、毒性があるため生のままでは食用にできない。伝統的な調理方法、熱湯(特に木灰、重曹を含む熱湯)を使いあく抜きしたワラビや塩漬けでは無毒化される。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


IMG_4443a.jpg


義母から聞いた美味しいワラビの食べ方
取ったワラビの、不要なところを取り除き、長さを整え、一握りほどの束を作る。
食べる場合、沸騰したお湯に、束ねたワラビを入れ、直ぐ、適量の重曹を振って入れ、火を止めて、そのまま一昼夜おく。食べるとき、2,3回水で洗い流す。食べ易いように切ってから、すり下ろした生姜をのせ、醤油をつけて食べたり、マヨネーズに醤油をかけて食べる。
冬まで保存する場合は、長さを整えたワラビに、重曹をふりかけ、沸騰したお湯をかけ、冷めてから適量の塩を振って、保存する。塩の量を増やせば、常温で保存できる。食べるときは、軽くお湯に通して塩を抜き、何度か、水にさらし塩分を抜いてから、食べる。

IMG_4453a.jpg


早速、義母が調理したワラビを食べた。
実にうまい。柔らかく、粘りがある。
ワラビによっては、その地質、日の当たり具合、様々な条件の違いで味が異なる。
義母に言わせると、黒ずんだ色のワラビが、上等とのこと。
是非、皆さんも、山に入り、ワラビを取ってみませんか。

IMG_4464a.jpg


ワラビの特徴
茎は地下を横に這い、よく伸びる。葉は冬には枯れ、春に新芽が出る。成長すると0.5~1m くらいの背丈になる。葉は羽状複葉で、小葉にはつやがなく、全体に黄緑色で、やや硬い。 森林内に出ることは少なく、火事、植林地などの攪乱されて生じた日当たりの良い場所に出現する。山腹の畑地周辺などにもよく出て、大きな集団を作る。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


IMG_4468a.jpg


ワラビのほかに、ミツパ、ヨモギ、タラの芽、フキも取れた。
義母の山菜袋は、一杯になった。
山菜の香りが、すがすがしかった。

森では、山菜のほかに、ヤマツツジが迎えてくれた。
可憐な花が、新緑に映え、ひときわ目立っていた。

IMG_4499a.jpg

ヤマツツジ【山躑躅】
学名:Rhododendron obtusum (Lindl.) Planch. var. kaempferi (Planch.) Wilson]
ツツジ科の半落葉低木。高さ1~3メートル。葉は枝先に集まってつき、楕円(だえん)形で長さ2~4センチメートル、先はややとがり、両面に伏した褐色の毛がある。夏秋葉は狭倒卵形で小さく、冬を越す。4~5月、枝先に朱赤色または紅紫色の花を開く。花冠は漏斗(ろうと)形で5中裂し、径4~5センチメートル。萼片(がくへん)は5枚、楕円形で小さい。雄しべは5本。果(さくか)は円錐(えんすい)形で褐色の剛毛がある。丘陵や山地の日当りのよい、やや乾燥した斜面に普通に生え、北海道から九州に分布する。白色花や八重咲きなど品種が多く、庭木として植え、いけ花にもする。基本変種のキリシマツツジは、この暖地型で、鹿児島県に野生する。[ 執筆者:小林義雄 ]
引用:Yahoo!百科事典

IMG_4502a.jpg

人気ブログランキングへ
ここをクリックしてください 

プロフィール

司祭 ヨハネ 橋本光明

Author:司祭 ヨハネ 橋本光明
 Rev.John M.Hashimoto
福島県福島市にある吾妻高原聖アンナ教会の牧師・司祭。
出身地は、福島県いわき市平。
1947年(昭和22年)3月生。
日本聖公会仙台基督教会(宮城県)、鶴岡聖公会(山形県)、米沢聖ヨハネ教会(山形県)、二本松聖マリヤ教会(福島県)、福島聖ステパノ教会(福島県)の牧師および管理牧師、福島聖愛幼稚園の園長として勤務。
挙式組数が、3000組を超え、朝、夕の祈りに、挙式者を覚え、ご家族のご健康と、幸せを祈る毎日です。
モットーは、キリストが、十字架の死を通して、自己犠牲と無償の愛を示された。その愛を、自らも実践し、キリストの愛を、一人でも多くの人に伝えたい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード