FC2ブログ

今日の花見山は、これだ!!

2019-04-13(Sat)
昨年12月10日以来の投稿になる。
なかなか更新できず、ご心配をおかけしたかもしれないが、私はいたって健康、変わりはない。
気に入った画像に出会えなかったこと、カメラで撮影する余裕がなかったこと、それが理由だ。
この季節になると、花見山が気になっていた。
昨日の天気予報で、今日が晴天であることを知り、朝5時に起きて出かけた。
土曜日だったから、県外からも沢山のカメラマンが来ていた。

IMG_1379pd.jpg

まず最初に、花見山を一周して、花の様子をうかがった。
今年の気候は、花たちには可哀そうだった。
それでも、それぞれの花は、必死に咲いていた。
福島市のソメイヨシノは満開と報道されていたが、
ここ花見山のサクラからは、勢いと元気が伝わって来なかった。
二三日前、10センチの積雪があり、あまりにも寒暖の差がありすぎた。
レンギョウ、ハナモモも、咲いていたが、まだ存在感が無かった。
花見山全体を見渡すと、それぞれの花の調和に、まとまりが感じられなかったのだ。
私は、撮影しないで帰ろうと思った。

IMG_1347pd.jpg

ところが、今まで観たこともないスケールで、吾妻連峰が朝日に輝いていた。
雲ひとつなく、空気も澄みきっていた。
今日の花見山の花たちは、この山々の美しさに敵わなかったが、
この山の輝きから力を得て、息を吹き返したかのように見えた。
私は、小一時間、このアングルのみで、80ショット撮影した。
ケンケンと雉が遠くで鳴き、今年も私を歓迎してくれた。
今年初めて、ツバメが飛ぶのを見た。
撮影が終わる頃、今年も花見山に来て、本当に良かったと思った。

IMG_1368pd.jpg

こちらからは、 ドローンで撮影した聖アンナ教会の動画 を見ることが出来ます。
なお、挙式されたお二人の、お幸せな画像は、こちらからご覧いただけます。Happy Wedding !!
  ( 掲載の画像は、お許しを頂いた挙式者様だけの画像で、挙式者様すべてではございません )


人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg  聖アンナ教会結婚式のイメージ!!

花見山2018

2018-04-27(Fri)
今、福島市内では、ハナミズキの白とピンクの花が満開に咲いている。
山に目を向けると、木々に芽ぶく新緑の葉が眩しい。
我が家のサツキにも、ピンクの花芽を付けた。
あっという間に、春が通り過ぎている。

IMG_0815pd.jpg

今年の花見山は、いつ撮影に行くか、悩んだ。
いつもより寒く感じた冬から、夏日の暑さをもたらした春の到来は、気候の感覚を鈍らせた。
花見山の開花情報をネットで見ると、異変を感じた。
開花する花の順番がいつもと違うのだ。

IMG_0838pd.jpg

天気の様子をうかがいながら、意を決して、4月4日、早朝、花見山での撮影を開始した。
曇り天気に原因があったかもしれないが、いつもの花の勢いが感じられなかった。
それぞれの花は、一生懸命に咲いているのだが、コラボレーションが違うのだ。
違う花同士が活かし合えず、それぞれの魅力をトーンダウンしていた。

IMG_0819pd.jpg

そんな物足りなさを感じながらも、小一時間、撮影に夢中になった。
花見山は、植物園ではなく、花卉農家の職場だ。
その年に寄って、花咲く位置も変化する。
いつもと違うアングル探しながら、花見山の華麗な景色をゲットできた。

IMG_0859pd.jpg

来年の花見山は、私にどんな願望を起こさせてくれるだろうか。
今年もたった一日の撮影だったが、私にまた、来年への期待を持たせてくれた。

IMG_0924pd_20180426230614c53.jpg

こちらからは、 ドローンで撮影した聖アンナ教会の動画 を見ることが出来ます。
なお、挙式されたお二人の、お幸せな画像は、こちらからご覧いただけます。Happy Wedding !!
  ( 掲載の画像は、お許しを頂いた挙式者様だけの画像で、挙式者様すべてではございません )


人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg  聖アンナ教会結婚式のイメージ!!

花見山探訪2017

2017-04-15(Sat)
今年も、花見山の季節を迎えた。
最近、色々所用があり、カメラを提げて出かけることは、まず出来ない。
だから花見山が、気になっていた。

IMG_9410pd.jpg

撮影チャンスは、1回と決めた。
花見山の開花状況と天気予報を眺めながら、今朝5時に起き、空模様を見て決断した。
5時30分、花見山に着いた。

IMG_9416pd.jpg

今日は土曜日。
私と同じ思いのカメラマンが、沢山来ていた。
薄曇りの空を少し気にしながら、すぐ撮影を始めた。

IMG_9430pd.jpg

サクラの多くは、満開だった。
花モモは、5分咲きか。
菜の花、レンギョウは、最盛期が少し過ぎた。
姿は見かけなかったが、ケンケーンとキジが鳴き、歓迎してくれた。
少し肌寒い気温。
でも撮影で動きまわると、ちょうどいい気温になった。

IMG_9459pd.jpg

今年の花見山は、それぞれの花の開花時期が異なることから、まとまりがない感じか。
その年の気温、気象状況によって、花の開花タイミングが微妙に一致する時がある。
その時、私は、花を観賞するというより花たちと一体化し、一瞬自分がどこにいるのかを忘れる。

IMG_9470pd_20170419233451054.jpg

花見山に来る観光客は、この花の季節だけで、震災前20万人を超えた。
でも、震災後、観光客はまだその数字に戻っていない。

IMG_9476pd_201704192334537ca.jpg

ライバルもいる。
三春の滝桜がそれだ。
花見山の満開から1週間ほど遅い。
どちらを選んで福島に来るか、その選択で花見山への観光客は影響を受ける。

IMG_9492pd.jpg

それでも、花見山のダイナミックな感動は、今年も最高だと思う。
この季節、どこでもサクラやその他の花たちが満開を迎える。
たった1本だけ咲いているサクラでも、それは絵になる。

IMG_9508pd.jpg

それぞれのサクラが、それぞれの歴史を持って、咲いている。
その中で、花見山は、やはり素晴らしい感動を与え続けている。
亡くなった園主、阿部一郎さんを始め、花見山周辺の花卉栽培農家の方々、
そしていつも協力しておられる住民の方々に、感謝の気持ちで一杯になる。

IMG_9558pd.jpg

桃の花も、今、可憐に咲き始めた。

IMG_9576pd.jpg

こちらからは、 ドローンで撮影した聖アンナ教会の動画 を見ることが出来ます。
なお、挙式されたお二人の、お幸せな画像は、こちらからご覧いただけます。Happy Wedding !!
  ( 掲載の画像は、お許しを頂いた挙式者様だけの画像で、挙式者様すべてではございません )


人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg  聖アンナ教会結婚式のイメージ!!

一日だけの花見山

2016-04-06(Wed)
今年は、早い春を迎え、花たちは急ぎ足で、咲き誇っている。
私の気持ちはいつものように、花との出会いを楽しみにしているのに、身体は、それに追いつかない。
仕事が変わり、そのリズムに乗り切っていないから、ますます花たちの心から遊離してしまう。

IMG_7757pd.jpg

今日双子の孫たちの小学校入学式があり、久し振りに休みを取った。
気温が20℃近くなり、暖かになった。
私は、朝5時に目を覚ますと、すぐ外を見た。
青空が見えた。
昨日から決めていた花見山の撮影に、スイッチが入った。

IMG_7790pd.jpg

6時前には、花見山に立った。
新聞、ネットで花見山の開花状況は調べていた。
天気予報も確認した。
タイミングは、今日だけと決め、今日一日だけの花見山撮影に入った。

IMG_7843pd.jpg

今年の花見山も、開花が早く、そのためか、いつもより撮影人が少ない。
花同士の開花タイミングは、いつもと違うと感じたが、美しい花たちは、私を待っていた。
キジの鳴き声も、いつもの通り、聞こえていた。

IMG_7849pd.jpg

花見山の花の佇まいは、毎年同じということではない。
もともと花見山周辺の農家は、花卉販売で生計を立てている。
サクラ、モモと花をつける枝を、花咲く前に切り取り、温室で早めに花芽をつけさせ、
それを、各地に生け花など、飾り枝として出荷している。

IMG_7823pd.jpg

いつも同じ木から枝を切り取るわけではなく、その成長に合わせて選んで切り取る。
切り取られた枝の花は、その年、私たちは観ることが出来ない。
花見山の園主、阿部さんは、それできれいに花を愛でることが出来るよう、
山全体のバランスを考え、切る枝、残す枝、数年先を見越して枝切りをしている。

IMG_7841pd_20160411224642c8b.jpg

小1時間、あっという間に過ぎた。
日が昇り、花たちに光が射すと、その輝きはさらに増して、別世界の空間となる。
その場にいると、シャッターを押すのを忘れ、時間が止まり、私自身が花と一体となる。

IMG_7848pd.jpg

花の魅力は、ただ見て美しいと感じるだけではない。
花から発する清らかな息吹を吸うと、全身が花と同化され、自分を再発見する。
そして神は、こんなにも美しく全てを創造されたのかと、畏敬の念に包まれる。

IMG_7872pd.jpg

花見山の桃源郷は、春の一瞬で終わるが、そこからまた来年の春を目指して準備が始まる。
だから、むしろ真の桃源郷は、夢を求め、描いていく、その準備の中にこそあると思う。
私自身、花のような輝きはないが、神が私に与えて下さった、その日その日の務めに桃源郷を思い、
毎日感謝しながら歩んで行こう、と気付かされ帰宅した。

IMG_7862pd.jpg

花見山に関わる農家の皆さん、今年も、本当にありがとうございました。
また、その近隣の町内会の皆様、このイベントにご協力下さり、ありがとうございます。
深く深く感謝して、皆様のご多幸をお祈りいたします。

IMG_7810pd_201604112246445c7.jpg

こちらからは、 ドローンで撮影した聖アンナ教会の動画 を見ることが出来ます。
なお、挙式されたお二人の、お幸せな画像は、こちらからご覧いただけます。Happy Wedding !!
  ( 掲載の画像は、お許しを頂いた挙式者様だけの画像で、挙式者様すべてではございません )


人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg  聖アンナ教会結婚式のイメージ!!

今年の花見山も、見事に咲きました!!

2015-04-13(Mon)
毎年、花見山の季節には、福島市総合観光情報ナビの開花時期情報を見て、行くことにしていた。
ところが、今年は、天候が不順で、私の動ける時期と合わず、やきもきしながら情報を見ていた。
昨日の天気予報では、今日は雨だったが、午前5時に起きた時、全然降っていなかった。
昨日は、よい天気だったので、花も元気がいいだろうと、5時30分過ぎ家を出た。

IMG_1200pd.jpg

曇りだが、東の空が、今にも日が射しそうに明るかった。
月曜日のせいか、カメラマンは、ほとんどいないくらい、静かな花見山だった。
私の撮影モードにスイッチが入ると、7時までの許された時間範囲内で、撮影を続けた。

IMG_1206pd.jpg

今年は、春の花全般、開花が早かった。
だから、いつもの予定で花を見に来ると、咲き終わっている花も出てくる。
トウカイザクラが、その例だ。
いつもの花見山であれば、トウカイザクラがその他の花を惹きたてるのだが、
その部分が抜けてしまい、場所によっては、迫力の欠けたイメージになってしまった。

IMG_1223pd_20150416154310380.jpg

ところが、今年は、それを補うように、菜の花が見事だ。
去年まで、これほど広いエリアで、菜の花は咲いていなかった。
菜の花の黄色が、全体の花を惹きたてていた。

IMG_1237pd.jpg

ハクモクレンは、もう終わりに近いが、辛うじて、咲いていてくれた。
花見山の花を取りまとめている印象があり、カメラマンは、必ず、ハクモクレンの花を撮影する。
この白が、全体を引き締めている感じもする。

IMG_1255pd_201504161543132b3.jpg

花見山の花は、この後に咲く、リュウキュウバイ、ヤエザクラ、ウコンザクラに引き継がれる。
今年、花見山に来る機会がなかった方、是非、来年、訪れることをお勧めします。
それでは、残りの画像、コメントなしで、ごゆっくり、ご覧ください。

IMG_1282pd.jpg


IMG_1296pd_201504161543426f9.jpg


IMG_1303pd.jpg


IMG_1317pd.jpg


IMG_1322pd_20150416154346a07.jpg


人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg  聖アンナ教会結婚式のイメージ!!
プロフィール

司祭 ヨハネ 橋本光明

Author:司祭 ヨハネ 橋本光明
 Rev.John M.Hashimoto
福島県福島市にある吾妻高原聖アンナ教会の牧師・司祭。
出身地は、福島県いわき市平。
1947年(昭和22年)3月生。
日本聖公会仙台基督教会(宮城県)、鶴岡聖公会(山形県)、米沢聖ヨハネ教会(山形県)、二本松聖マリヤ教会(福島県)、福島聖ステパノ教会(福島県)の牧師および管理牧師、福島聖愛幼稚園の園長として勤務。
挙式組数が、3000組を超え、朝、夕の祈りに、挙式者を覚え、ご家族のご健康と、幸せを祈る毎日です。
モットーは、キリストが、十字架の死を通して、自己犠牲と無償の愛を示された。その愛を、自らも実践し、キリストの愛を、一人でも多くの人に伝えたい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード