FC2ブログ

我が家の哲学者

2017-08-05(Sat)
我が家には、ミニチュアダックスフンドのトムがいる。
現在、15歳8カ月。
人間で言えば、後期高齢者になるだろうか。
だから、我が家では、一番威厳のある存在である。

こちらから 2010年1月5日に掲載した、トムの画像 を見ることが出来ます。

IMG_9865pd.jpg

とても元気で、食欲旺盛、食事時には、時間が来たと要求する。
孫たちが来ると、自分も一緒に遊ぶと鳴き叫び、自分をアピールする。
家内と言い合いをするものならば、家長のような風貌で、やめろと取り仕切る。

こちらから 2010年7月15日に掲載した、トムの画像 を見ることが出来ます。

IMG_9863pd.jpg

残念なことは、目が白内障になり、ほとんど見えないことだ。
その性もあり、一日のほとんどは、横になって寝ている。
時折体を起こし、何か思いにふけって、まるで、哲学者風である。
我が家には無くてならない家族の一員なので、いつまでも元気でいることを願っている。

こちらから 2014年5月20日に掲載した、トムの画像 を見ることが出来ます。

IMG_9861pd.jpg

こちらからは、 ドローンで撮影した聖アンナ教会の動画 を見ることが出来ます。
なお、挙式されたお二人の、お幸せな画像は、こちらからご覧いただけます。Happy Wedding !!
  ( 掲載の画像は、お許しを頂いた挙式者様だけの画像で、挙式者様すべてではございません )


人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg  聖アンナ教会結婚式のイメージ!!

我が家のメダカ

2017-07-09(Sun)
突然のことだが、我が家にメダカの家族がやって来た。
今年4月末のことだ。
息子が世話していたメダカたち、転勤して面倒が見れないと、我が家に転居させた次第。

IMG_9796pd.jpg

我が家に来るとなれば、担当は、家内しかいない。
急きょ、家内は、水族館の館長となった。
息子は、水槽、飼育の仕方など、一式をおいていった。
家内は、現在、ミニチュアダックス、トムの面倒を見てる。
孫たちが学校から帰ると、学童保育の園長先生もしている。
そして、さらなる名誉職が、家内に付いたことになる。

IMG_9771pd_201707100614221f5.jpg

家内は、初めてのメダカ飼育に、四苦八苦。
この暑さで、次々に天国に召される。
すると息子は、さらなる水槽、メダカの家族を導入した。
家内は、水の交換、餌やり、温度管理と暇なしだ。
そんな中、嬉しいことが起きた。
数匹のメダカが、お腹に卵を抱いていたのだ。

IMG_9820pd.jpg

卵は、隔離しないと食べられてしまう。
間もなく、卵から稚魚が産まれた。
稚魚には、粉のような別の餌を与えなければならない。
家内の負担は、ウナギ登りに増えた。

IMG_9846pd.jpg

でも、メダカたち、そして可愛い稚魚を見ていると、時間が経つのを忘れ、癒されると家内は言う。
小さな命でも、一生懸命に生きているその姿は、単なる可愛さだけでなく、色々語りかけてくる。
水族館の館長職はいつまで続くか分からないが、家内には与えられた天職となったようだ。

IMG_9851pd.jpg

こちらからは、 ドローンで撮影した聖アンナ教会の動画 を見ることが出来ます。
なお、挙式されたお二人の、お幸せな画像は、こちらからご覧いただけます。Happy Wedding !!
  ( 掲載の画像は、お許しを頂いた挙式者様だけの画像で、挙式者様すべてではございません )


人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg  聖アンナ教会結婚式のイメージ!!

ヤマバトのヒナたちが、巣立ちしました!!

2016-07-24(Sun)
7月21日の朝の出来事だった。
孫たちは、今日から夏休みが始まり、町内の子ども会育成会主催のラジオ体操に参加した。
帰宅し、アサガオの水やりをした後、室内ではしゃぎながら夏休みの友の宿題をしていると、
午前8時過ぎ、突然窓のサッシレールに、バタバタとヤマバトの幼鳥が飛び降りて来た。
体のあちこちに残る産毛を揺らしながら、まるで一緒に遊びたい様子だった。
ヤマバトのヒナが成長し、巣立ちしたのだ。

IMG_8706pd_201607240617384b5.jpg

翌日22日、もう一羽のヒナも、巣立ちをした。
ヤマバトが巣立ち、嬉しい気持ちと寂しい気持ちが入り混じり、まるで親鳥になった気分だった。
飛び立った幼鳥にはもう会えないかと覚悟していると、
2羽の幼鳥は、毎日巣のあったヤマボウシの木に戻って来た。
帰すう本能がそうさせるのか、すっかりヤマバトたちに気に入られたようで嬉しかった。

IMG_8706ppd.jpg

こちらからは、 ドローンで撮影した聖アンナ教会の動画 を見ることが出来ます。
なお、挙式されたお二人の、お幸せな画像は、こちらからご覧いただけます。Happy Wedding !!
  ( 掲載の画像は、お許しを頂いた挙式者様だけの画像で、挙式者様すべてではございません )


人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg  聖アンナ教会結婚式のイメージ!!

ヤマバトのヒナ、産まれた!!

2016-07-18(Mon)
ヤマバトの巣作りを確認して、3週間が過ぎた。
親バトが、何度も出入りしていたが、最近、見かけなくなった。
1週間前、孫が巣の下で、鍵盤ハーモニカの練習をした。
家内はそのため、親鳥が巣を離れたのではないかと、心配した。

IMG_8656pd.jpg

今朝、ヤマバトの巣を見上げると、パタパタと親バトが飛び立ち、さらにその後羽ばたきの音がした。
何かいると思い、親バトを撮影した場所に近づき、望遠レンズで確認すると、
すっかり大きくなったヒナが一羽、身動き一つせず、巣の中にいた。

IMG_8653pd.jpg

産毛が少し残っていたが、もう羽が生えていた。
孵化して1週間は経っていたかもしれない。
頭の大きさの割に、黒い瞳が、とても可愛らしかった。
家内にその画像を見せると、すっかり安心したが、
すぐまた今度は、無事に巣立ちが出来るかと、心配し始めた。

IMG_8651pd.jpg

今日、関東、甲信越、北日本を除く西日本に、梅雨明け宣言が出た。
午後、暑さから解放され過ごし易かったので、ヤマバトのヒナを、別アングルで撮影した。
すると、孵化したのは1羽だけと思ったら、もう1羽、右隣に孵化しているのを見つけた。

IMG_8674pd.jpg

調べて見ると、ヤマバトは、1回に2個の卵を産むとある。
我が家のヤマバトも、それに倣って、2羽、ヒナが産まれたことになる。
別のヒナは、まだ幼いのか、大人しく動きがない。

IMG_8687pd_20160718184933be2.jpg

先日町内の、ゴミステーション環境幹事会に出席した。
それによると、最近カラスがゴミを荒らし、しかも移動しながら増えているという。
ゴミ置き場にネットを張り、ゴミを食い荒らさないよう手を打っているが、
カラスは、賢くネットの隙間からゴミを食い荒らしている。
我が家のヒナたち、巣立ちまで、どうかカラスの餌食にならない様、
元気に成長して欲しいと願うばかりだ。

IMG_8701pd.jpg

こちらからは、 ドローンで撮影した聖アンナ教会の動画 を見ることが出来ます。
なお、挙式されたお二人の、お幸せな画像は、こちらからご覧いただけます。Happy Wedding !!
  ( 掲載の画像は、お許しを頂いた挙式者様だけの画像で、挙式者様すべてではございません )


人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg  聖アンナ教会結婚式のイメージ!!

我が家のお客様!!

2016-06-27(Mon)
最近、我が家の庭に、大きな鳥が飛びまわっていた。
庭には、春先からいつものように、色々な鳥が来ていたが、今までより大きな鳥だった。
しかも、一羽ではなくつがいのようだ。
そのうち、朝早くから、ゴボゴボーゴボゴボーと、電線や高木の上で鳴いていた。

IMG_8500pd.jpg

ヤマボウシの木に狙いを定めたのか、葉っぱの中を、何度も出入りしていた。
気になって様子をうかがうと、ヤマバトが巣作りをしていた。
そして、卵を産んだようで、抱卵を始めた。
我が家で鳥が巣を作り卵を温めたのは、5年前のツバメ以来だ。

IMG_8509pd_2016063006345765c.jpg

旧約聖書・創世記によると、ハトは、ノアの箱舟が洪水から守られ、外の様子を見るため放された。
そのとき、ハトが月桂樹の葉を口にくわえ戻って来たことから、平和を告げる鳥として愛されて来た。
我が家にも、神様に守られ平和に過ごせるというメッセージが届けられたのだろうか。

IMG_8516pd_20160630063502fee.jpg

こちらからは、 ドローンで撮影した聖アンナ教会の動画 を見ることが出来ます。
なお、挙式されたお二人の、お幸せな画像は、こちらからご覧いただけます。Happy Wedding !!
  ( 掲載の画像は、お許しを頂いた挙式者様だけの画像で、挙式者様すべてではございません )


人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg  聖アンナ教会結婚式のイメージ!!
プロフィール

司祭 ヨハネ 橋本光明

Author:司祭 ヨハネ 橋本光明
 Rev.John M.Hashimoto
福島県福島市にある吾妻高原聖アンナ教会の牧師・司祭。
出身地は、福島県いわき市平。
1947年(昭和22年)3月生。
日本聖公会仙台基督教会(宮城県)、鶴岡聖公会(山形県)、米沢聖ヨハネ教会(山形県)、二本松聖マリヤ教会(福島県)、福島聖ステパノ教会(福島県)の牧師および管理牧師、福島聖愛幼稚園の園長として勤務。
挙式組数が、3000組を超え、朝、夕の祈りに、挙式者を覚え、ご家族のご健康と、幸せを祈る毎日です。
モットーは、キリストが、十字架の死を通して、自己犠牲と無償の愛を示された。その愛を、自らも実践し、キリストの愛を、一人でも多くの人に伝えたい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード