我が家のアジサイ2020

2020-07-01(Wed)
我が家のアジサイが咲き始めて、数日たったが、
今年は、花数が少なく、その上、小振りだ。
でも、この季節、アジサイの花を見ると、梅雨を感じながらほっとする。

DSC06945pd.jpg

アメリカは、ルイジアナに滞在した時、各家庭にアジサイの花を見た。
ほとんど日本のアジサイと同じだった。
後で知ったが、アジサイの原産地は、日本だそうだ。

DSC06947pd.jpg

アジサイは、公園や、寺院で栽培され、多くの人が訪れて、喜ばれている。
家庭でも、気軽に育てている。
我が家のアジサイは、横浜の兄夫婦が送ってくれたものを庭に移植した。
花数が年を追うごとに多くなり、挿し木でも増やすことができ、手間いらずだ。

DSC06948pd.jpg

アジサイの花ことばは、「辛抱強い愛情」、「一家団欒」、「家族の結びつき」だそうな。
丸い形に花が集まって咲く様子は、賑やかで楽しい家庭を想像できる。
今の三密警報は、関係ない。
私たちも、早く、何の心配もなく、体を寄せ合って生活したいものだ。

DSC06952pd.jpg

こちらからは、 ドローンで撮影した聖アンナ教会の動画 を見ることが出来ます。
なお、挙式されたお二人の、お幸せな画像は、こちらからご覧いただけます。Happy Wedding !!
  ( 掲載の画像は、お許しを頂いた挙式者様だけの画像で、挙式者様すべてではございません )


人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg  聖アンナ教会結婚式のイメージ!!

野アザミとの出会い

2020-06-06(Sat)
6月に入り、暑い日が続く。
今日6日休みを頂いたので、コロナ休暇と称して、家内と出かけた。
とても暑くなる予報だったので、市内の山道をドライブした。
大森から松川町水原に向かう道を選んだ。
新緑から濃い緑に変わり、風は爽やかに吹いていた。

IMG_1381pd_20200606221033d83.jpg

交差点から、金谷川に向かう。
しばらく走ると、農業用貯水池が見えてきた。
貯水池では、何か工事をしていて櫓が水面上に見えた。
何をしているのか、いつもの好奇心から車を止め、池を見に行った。
池には工事の人はおられず、私の疑問に答えは見つからなかったが、池に白い花が浮かんでいた。
水際に行き花を確認すると、水連が咲いていた。
でも、池が汚れていたので、撮影は諦めた。

IMG_1388pd.jpg

車を止めたところは、金谷川停車場石内線で県道194号線、松川町関谷沼平地区だった。
古い民家があり、白と黄色の花が咲いていたので、カメラを向け、撮影した。
白い花はマーガレットに似たフランスギク、黄色はタンポポに似たブタナ。
一瞬であったが、とても静寂な時間が過ぎた。

IMG_1391pd.jpg

ふと足元をみると、野アザミが咲いていた。
一輪、また一輪と、可憐に咲いていた。
私は、意外な花との出会いに驚くと同時に、私の撮影モードにスイッチが入った。
淡く高貴に輝く紫色が、黄色の花や緑の絨毯に映え、すっかりとりこになった。

IMG_1391ppd.jpg

足元全体をもっと見渡すと、野アザミの花が、ソーシャルディスタンスよろしく、
距離を取りながら、咲いていた。
6月19日の誕生花が野アザミだとのこと。
花言葉は、「独立」、「素直になれない恋」とあった。
そういえば、あまり目立たないで咲いていた。
私は、もっと撮影してあげればよかったかなと、後悔した。

IMG_1398pd.jpg

こちらからは、 ドローンで撮影した聖アンナ教会の動画 を見ることが出来ます。
なお、挙式されたお二人の、お幸せな画像は、こちらからご覧いただけます。Happy Wedding !!
  ( 掲載の画像は、お許しを頂いた挙式者様だけの画像で、挙式者様すべてではございません )


人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg  聖アンナ教会結婚式のイメージ!!

NHK朝ドラ「エール」が始まる!!

2020-03-31(Tue)
このところ、新聞、テレビは、コロナ、コロナで、異常事態である。
感染者とその犠牲者が日を追うごとに増え、日本は、世界はどうなるのかと恐れ慄いている。
そんな心理情況の中に、昨日から始まったNHK連続テレビ小説「エール」が、飛び込んできた。

DSC06886pd.jpg

私は、ほとんどテレビドラマを観ない。
最近見たドラマと言えば、2013年放映のNHK大河ドラマ「八重の桜」くらいである。
ところがである。
昨日第1回を見ただけで言うのは、えげつないが、久しぶりに出会った素晴らしいドラマだった。

DSC06890pd.jpg

いや、素晴らしいドラマに出来上がる要素が豊富であったと言うべきか。
福島を舞台にしているという身内びいきは、確かにある。
我が日本聖公会 福島聖ステパノ教会で撮影された意義は大きい。
しかしである。
それ以上に、このドラマから、強いインパクトを感じたのである。

DSC06896pd.jpg

このドラマは、東日本大震災から10年目の節目に、福島の復興を応援するものとして、企画された。
その主人公を選考する中で、多くの応援歌を作曲した福島の偉人、古関裕而が選ばれた。
それはまた、東京オリンピック2020の応援ドラマでもあった。

DSC06898pd.jpg

私は、今日4月1日の3回目も見た。
テーマソング、演技する役者の表現、そのストーリーと、すべてに渡って力が漲っていた。
そこには、ドラマの企画者、演出者、さらに製作スタッフが、一体となっていると実感できた。
まさに「エール」、応援歌になっている。

DSC06900pd.jpg

そして、その応援歌は、世界を恐怖に陥れているコロナに対しても向けられている。
今のこの時間も、一時一時、命をかけて治療に専念している医療関係者、
それをサポートする多くの方々に対しても、強く強く、もっともっと、頑張れ頑張れと、
このドラマは応援している。

DSC06903pd.jpg

もう一つ付け足すとすれば、このドラマの美しさだ。
テレビ小説初の、4Kで制作されている。
私のテレビは普通のテレビだが、それでも画面の美しさには感動させられている。
今日のニュースによれば、コロナの影響で収録が一時停止すると伝えられた。
ドラマの放映に支障はないとのことで安心したが、ぜひぜひ、このドラマが、日本一国にとどまらず、
世界中で放映され、今の病んでいる地球全体を癒して頂きたいと、願わずにはおられない。

DSC06906pd.jpg

こちらからは、 NHK朝ドラ「エール」のテーマソングの動画 を見ることが出来ます。


こちらからは、 ドローンで撮影した聖アンナ教会の動画 を見ることが出来ます。
なお、挙式されたお二人の、お幸せな画像は、こちらからご覧いただけます。Happy Wedding !!
  ( 掲載の画像は、お許しを頂いた挙式者様だけの画像で、挙式者様すべてではございません )


人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg  聖アンナ教会結婚式のイメージ!!

ベルカーサ・ブライダルフェアのご案内

2020-02-10(Mon)
今年も、あっという間に、2月になった。
暖冬とは言え、2月に入ると、雪も降り、寒くなった。
私は、聖アンナ教会の仕事を離れて、5年目になった。
やっと今の仕事に慣れ、仕事に生きがいを感じるようになっている。
今日の画像は、私が結婚式をしているベルカーサのブライダルフェアの案内である。
聖アンナ教会で挙式された方には、違和感があるかもしれない。
でも、これが、今の私に与えられた仕事であり、現実である。
本来ならば聖アンナ教会で、挙式をされた方のお子様の結婚式をしている頃である。
もしこのブログをご覧になられたら、ぜひ、ベルカーサを尋ねて頂きたい。
私は今でも、27年前から続く司祭のままで、仕事をし幸せを願うカップルをお迎えしている。
2月15日の、模擬挙式は、私が司式する。

ブライダルフェア20200215d

この案内ポスターは、SNS用に私が制作したものだ。
どれだけの方が、私のブログをご覧になっているか分からないが、
この案内によって、聖アンナ教会で私と触れあった方々との再会を願っている。
悪い肺炎が、世界中を恐れさせている。
皆さまの上に、神様のお守りがあり、益々健康に恵まれ、幸せであるよう祈っている。

こちらからは、 ドローンで撮影した聖アンナ教会の動画 を見ることが出来ます。
なお、挙式されたお二人の、お幸せな画像は、こちらからご覧いただけます。Happy Wedding !!
  ( 掲載の画像は、お許しを頂いた挙式者様だけの画像で、挙式者様すべてではございません )


人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg  聖アンナ教会結婚式のイメージ!!

新年のご挨拶

2020-01-03(Fri)
2020年の新しい年を迎え、皆さまの幸せとお守りを、神に祈ります。
今年は特に、災害もなく、穏やかで、安らげる年を希望する。
昨年は、ブログの更新が出来ず、不本意な時間が過ぎた。
今年は、時間を有効に使い、一つでも多く投稿したい。

その一段として、昨年撮りためた絵の画像をお届けする。
一枚目は、菅野長一さんの作品。
県展に出品する過程で知り合い、一枚の絵が完成するまで、5回ほど撮影した。
投稿した画像は、完成途中の絵で昨年5月3日に撮影したが、この絵はもう存在しない。
菅野長一さんは、10月末まで描き続け、県展に出品した。
でも、私は、未完成のこの絵が気に入っている。

ピエロd
  
「 ピエロ 」 菅野 長一  2019年度県展出品予定作品

2枚目は、木下修さんの作品で、昨年9月9日、東邦銀行本店に行って撮影した。
木下さんは、聖アンナ教会を背景に女性を描いた絵が数点あり、このブログでは、常連となっている。
今まで、人物が多かったが、静物の花を描いたのは、初めて見た。
また、作品にQRコードを張ってあるのも珍しい。
どんな意味があるのか、お聞きしたいと思った。

DSC06768pd.jpg
 
「 H a n a 」 木下 修  第13回東邦銀行邦友会 美術作品展

3枚目以降は、去年11月に開催された第87回 福島県美術協会展に行き、撮影した。
この絵は、 福島県美術協会賞を受賞した、矢部 邦子さんの作品。
この展覧会に、1枚目の菅野長一さんから誘われ、一緒に見て回った。
この絵は、見ていると心を洗われる、そんな感じがして、気に入った。
私は、若い頃、日展や西洋美術館、ブリジストン美術館など多くの展覧会を見て来たが、
福島の地元でも、こんなにもいい作品に出会えたことが、すごく嬉しかった。

宵待草・矢部邦子pd
 
「 宵 待 草 」 矢部 邦子  第87回 福島県美術協会展  福島県美術協会賞

4枚目は、川口明美さんの作品。
水彩画であったが、個性的で、いつまでも観ていたい作品だった。
展覧会で、いい作品に出会うと、ひとりでに自分の中で、何らかのストーリーを意識する。
何が描いてあるかは、関係ない。
作品から、ある種のインスピレーションを感じ、酔わせて頂けることで満足する。

雨上がり・川口明美pd
 
「 雨上がり 」 川口 明美  第87回 福島県美術協会展出品

5枚目は、第87回 福島県美術協会 会友特選を受賞した、長久保智子さんの作品。
長久保さんは、今までどんな作品を描いて来られたか、気になった。
この絵の題名は、「心の軌跡」とあり、現在進行形で動いている。
次にどんな動きが展開するのか、好奇心がくすぐられる。

心の軌跡・長久保智子pd

「 心の軌跡 」 長久保 智子  第87回 福島県美術協会 会友特選

最後の6枚目は、菅野忠さんの作品、「物語の中へ」。
まさしく、自分なりに、ストーリーを組み立てようと、想像が湧き上がった。
色合い、構図、一人の人物と、飾る大道具、小道具、それぞれが不思議な世界を作る。
曲ったレール、蒸気機関車の車体番号、懐中時計、それに車輪がある。
さらに、二羽の鳥と、鳥かご、花たち。
謎が謎を生み、現実とは異なる物語の中に、引き込まれた。

物語の中へ・菅野忠pd
 
「 物語の中へ 」 菅野 忠  第87回 福島県美術協会展出品

こちらからは、 ドローンで撮影した聖アンナ教会の動画 を見ることが出来ます。
なお、挙式されたお二人の、お幸せな画像は、こちらからご覧いただけます。Happy Wedding !!
  ( 掲載の画像は、お許しを頂いた挙式者様だけの画像で、挙式者様すべてではございません )


人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg  聖アンナ教会結婚式のイメージ!!
プロフィール

司祭 ヨハネ 橋本光明

Author:司祭 ヨハネ 橋本光明
 Rev.John M.Hashimoto
福島県福島市にある吾妻高原聖アンナ教会の牧師・司祭。
出身地は、福島県いわき市平。
1947年(昭和22年)3月生。
日本聖公会仙台基督教会(宮城県)、鶴岡聖公会(山形県)、米沢聖ヨハネ教会(山形県)、二本松聖マリヤ教会(福島県)、福島聖ステパノ教会(福島県)の牧師および管理牧師、福島聖愛幼稚園の園長として勤務。
挙式組数が、3000組を超え、朝、夕の祈りに、挙式者を覚え、ご家族のご健康と、幸せを祈る毎日です。
モットーは、キリストが、十字架の死を通して、自己犠牲と無償の愛を示された。その愛を、自らも実践し、キリストの愛を、一人でも多くの人に伝えたい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード