FC2ブログ

愛犬トムとの思い出

2018-08-22(Wed)
16年前の3月、生後3ケ月のトムは我が家に来て、家族の一員となった。
治療のため秋田から来た家内の両親は、大舘で秋田犬のブリーダーをしていた。
病気の回復を願ってペットショップを訪ねると、トムがいた。
トムを一目見るなり、私たちはすっかりその愛らしさのとりこになった。

DSCF0036d.jpg

犬種はダックスフンド、サイズはミニチュア、色はクリーム。
この犬は、もともとアナグマやウサギなどを獲る猟犬だ。
可愛い表情とは裏腹に、すぐ私の指を噛んだ。
幼犬の牙は、すぐに食い込んで、痛みが走った。
それが、最初の出会いだったが、その後も咬まれることは、しょっちゅうだった。

DSCF0034d.jpg

長男が帰省すると、トムはすっかり気に入り、自分のボスと決め、長男のそばを離れなかった。
一人っ子だった長男は抱くなり、もっと早く飼って欲しかったと言い、弟分にした。
長男はそれからトムに会うのを、帰省の楽しみにした。

光太郎とトムd

親ばかと思われるが、トムほど可愛犬はいなかった。
言葉こそ話さなかったが、心の通じる犬だった。
トムの表情には、最近の人間に出来ない心の通った感情表現があったからだ。
しかも甘え上手で、人間の心をつかむ極意も持っていた。
だから、ついつい甘やかしてしまった。

DSC04613pd.jpg

今回トムの思い出を語る上で、我が家の家族を登場させた。
トムを語るのに、家族と共にいる画像が必然だった。
義母は、トムの名付け親だ。
病んでいた母は、どれだけトムによって慰められ、癒されたことか。
奥土湯の女沼で、家内が撮影した。

DSC01641ppd.jpg

母は、時間があれば読書をし、体調が良ければ、庭の草取りをした。
母が何もしていないと、トムは抱っこすることを要求し、読書を始めるとそばに座った。
本を読み終えると、トムはピョンピョン跳んで、母にまた抱っこを求めた。

IMG_0262pd.jpg

トムは、庭の芝生で走るのが大好きだった。
時々走りを止め、芝の上に寝転び、臭いを嗅いでいた。
何だろうと近づいて見ると、ミミズを見つけ、友達になったのか、自分の臭い付けをしていたのだ。
トムは今、その芝のそば近くに休んでいる。

IMG_0753pd_20180822231845dec.jpg

双子の孫にとって、トムはいい友達であり、いい先生だった。
トムは、孫たちにいじられても、なでられても、決して吠えることは無く、
一緒に遊ぶことを楽しみにしていた。
しかし、私が孫たちと遊ぶと、嫉妬し、吠えて自分と遊ぶことを要求した。

IMG_2190ppd.jpg

トムの成長と共に、孫たちも成長した。
トムはいつも体調がいいわけではなかった。
飛び跳ねるため腰を痛め、下半身が麻痺し、歩けないことがあった。
10歳過ぎてから、トムは自力で排便が出来なくなった。
会陰ヘルニアといい、老化で弱った筋肉の隙間から腸がはみ出て、排便の流れが止まったからだ。
家内が、肛門脇を押しながら排便させた。
お腹にふくらみがあった。
触っても痛がらない。
肝臓が会陰ヘルニア同様に、筋肉の隙間から出ていたのだ。
孫たちは、それらを熱心に見ていた。

IMG_1119ppd.jpg

何と言っても、トムが元気に走り回る姿が、一番美しい。
トムの表情が生き生きしている。
トムを思うと、この姿がすぐ思い浮かぶ。
亡くなるまで、この毛並みの美しさを保っていた。

IMG_3919pppd_201808222318508ca.jpg

私たちはもう、トムを肉眼で見ることは出来ないが、でも、トムを感じることは出来る。
家内が、トムの墓に止まるアゲハチョウを見つけた。
つい、「トム!!」と声をかけると、そのチョウは傍まで飛んできた。
トムの墓に、毎朝、コップで水を上げる。
ふと芝生を見ると、トムが走り回る残像が見えた。
トンボが孫たちの周りを飛び回った。
孫たちは、大きな声で、「トム!トム!」と叫んでいた。
今も、日常生活の中に、トムは生き続けている。

IMG_4049pppd_201808222318518c2.jpg

トムよ、16年間、ありがとう。
お前がいなかったら、こんなにも波乱万丈の中に、希望や安らぎや幸せを感じることはなかったろう。
トムよ、お前のおしっこの臭い、うんちの形、リンゴを丸のみして死にそうになった姿。
おしっこを漏らし急いで隠そうとするトム。
全てが、素晴らしかった、すべてが完ぺきだった。
トムよ、本当に、本当にありがとう。

IMG_4832ppd.jpg

こちらからは、 ドローンで撮影した聖アンナ教会の動画 を見ることが出来ます。
なお、挙式されたお二人の、お幸せな画像は、こちらからご覧いただけます。Happy Wedding !!
  ( 掲載の画像は、お許しを頂いた挙式者様だけの画像で、挙式者様すべてではございません )


人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg  聖アンナ教会結婚式のイメージ!!

愛犬トム、死す!!

2018-07-25(Wed)
我が家の愛犬トムは、先日7月17日、体調を崩し、逝去した。
16歳だった。

IMG_1077pd.jpg

トムの亡骸は、庭木ラカンマキとキャラの下に葬った。
そして、十字架を立て、トムの魂の平安を祈った。
そのそばに、投稿した画像、ペンタスの花で飾った。

IMG_1056pd.jpg

ペンタスは、熱帯アフリカを原産とする、熱帯植物。
今年の異常な猛暑にも耐えられる花とあった。

IMG_1059pd.jpg

トムは、今年になっても元気でいたが、この暑さには耐えられなかった。
今月になって、水を何回も飲み続け、おしっこを漏らした。
何でも食べるトムだったが、新聞紙、ティッシュ、段ボールまで食べるようになり、
取り上げると威嚇した。

IMG_1071pd.jpg

亡くなる数日前から、食欲を無くし、水も飲まなくなり、
17日に痙攣を起こし、息絶えた。
ほとんど苦しまなかったことで、救われる。
近日中に、思い出深いトムの画像を投稿する予定だ。

IMG_1089pd_20180725222029b55.jpg

こちらからは、 ドローンで撮影した聖アンナ教会の動画 を見ることが出来ます。
なお、挙式されたお二人の、お幸せな画像は、こちらからご覧いただけます。Happy Wedding !!
  ( 掲載の画像は、お許しを頂いた挙式者様だけの画像で、挙式者様すべてではございません )


人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg  聖アンナ教会結婚式のイメージ!!

我が家のアジサイ2018

2018-06-27(Wed)
我が家のアジサイが、やっと咲き始めた。
今年の春は早かったから、梅、桜の花が、いつもより早く咲いた。
だから、アジサイも、早く咲くのかと期待していた。

IMG_1000pd_20180627214356dfa.jpg

ブログに載せたアジサイの投稿日を調べた。
2011年が、7月11日、2013年が、6月25日、2014年が、7月10日、2015年が、6月16日、
2016年が、6月26日と、バラバラだ。
むしろ、ほぼ例年通りということか。

IMG_1010pd.jpg

でも、アジサイの花の咲くのを待ちながら、いつもとの違いを感じた。
我が家のアジサイは、ガクアジサイと言われ、花序の周りに萼(がく)が発達した装飾花を持つ。
今年は、その花序の集合体が小さく感じた。
また、雨が降らないことと関係があるのか、アジサイに似合う、カタツムリ、ナメクジも見られない。

IMG_1015pd.jpg

アジサイがきれいに咲くことを願って、今必死に水やりをしている。
明日は、お湿り程度か、天気予報に傘マールが付いていた。
今が梅雨と言うことを忘れさせる天気が続くが、明日こそひと雨を期待したい。

IMG_0983pd_201806272143570a3.jpg

こちらからは、 ドローンで撮影した聖アンナ教会の動画 を見ることが出来ます。
なお、挙式されたお二人の、お幸せな画像は、こちらからご覧いただけます。Happy Wedding !!
  ( 掲載の画像は、お許しを頂いた挙式者様だけの画像で、挙式者様すべてではございません )


人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg  聖アンナ教会結婚式のイメージ!!

家族食事会・石林(シーリン)

2018-06-03(Sun)
5月19日(土)は、孫たちの運動会だった。
息子夫婦と応援に行こうと心待ちにしていたが、あいにくの雨。
運動会が、食事会に変更された。
決めた食事処は、中国四川料理レストラン石林(シーリン)。
ここは、我が家の法事や来客があると利用する馴染みの店だ。

DSC06057pd.jpg

我が家の食事会は、まず孫たちの食べられるものがあるかどうかから始まる。
さらに、息子がどれほどの量が食べられるかで決まる。
つまり大食いなわけだ。
以上の理由から、品数を多く選び、ご飯のお替わり無制限が条件となる。

DSC06060pd.jpg

掲載した画像は、ランチディナーコースの一部である。
その他、ランチ定食と、麻婆豆腐3種定食を注文した。
一人がゆっくり食べると言うより、全部の中から好きなものを選んで食べた。
だから、料理の感想は、食べてない物もあるので、割愛する。

DSC06063pd.jpg

ディナーランチでは、このアワビとトリュフの料理、または、フカヒレの姿煮込みを選択出来た。
これは、贅沢な料理だった。
アワビを薄く切りながら、みんなで食べた。
トリュフのスープは、かけら一つ残さず飲みほした。

DSC06064pd.jpg

チンジャオロース(青椒牛肉)も、みんなで美味しく頂いた。
石林のホームページに、
『四川の辛さは花山椒(中国特産の山椒)の痺れる風味「麻」と唐辛子の辛さ「辣」が融合した
「麻辣(マーラー)」の「痺れる辛さ」を基本とした料理がメインです』とある。
画像にはないが、3種の麻婆豆腐を食べ比べると、山椒の香りと辛さが、とても印象的だった。

DSC06067pd.jpg

こちらからは、 ドローンで撮影した聖アンナ教会の動画 を見ることが出来ます。
なお、挙式されたお二人の、お幸せな画像は、こちらからご覧いただけます。Happy Wedding !!
  ( 掲載の画像は、お許しを頂いた挙式者様だけの画像で、挙式者様すべてではございません )


人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg  聖アンナ教会結婚式のイメージ!!

ベトナム、ダナンからの風!!その3

2018-05-04(Fri)
ダナンで過ごす最後の日となった。
この日、ダナンの日の出は、5時29分、北に位置する福島は4時56分だから、33分遅い。
今日も、よい天気に恵まれそうだ。
成田から飛行機で、6時間の距離、直線距離にして、3870kmある。
遠いようで近いベトナム、知っているようで全然知らなかったベトナム。

DSC05910pd.jpg

1964年、私が17歳の時、トンキン湾事件をきっかけに、アメリカは、北爆を始めた。
北ベトナムの社会主義が、資本主義の南ベトナムに侵攻するのを恐れたからだ。
結局1973年のパリ和平協定を経て、1975年、北ベトナムの勝利に終わった。
この戦争で、600万人以上が犠牲になった。

DSC05920pd.jpg

若いベトナムの人に、ベトナム戦争について尋ねたが、あまり知らないようだった。
平和とは、そんなものかもしれない。
最初から誰も、戦争を起こそうとする者はいないと信じたい。
しかし、現に今も、戦争は、世界の各地で起きている。
そして、毎日、多くの犠牲者を確実に出している。

DSC05921pd.jpg

ベトナムは戦争が終わり、生活が安定すると、経済が目覚しく発展した。
日本企業も、目白押しにベトナムに進出し、経済を後押ししている。
その証拠に、私の着ている衣類に、ベトナム製の文字が見られるのも珍しくない。
ベトナムは、こうして平和な生活を謳歌している。

DSC05925pd.jpg

日本はどうなのか。
平和ボケと言われて久しいが、
自然災害は多く発生し、原発事故まで起こし、さらに北朝鮮によって振り回されている。
政府高官の不祥事、忖度と、目に余る国民不在の状況にさらされている。
ベトナムに来て、日本を考えると、日本は一体どこに向かっていくのかと、不安になって来た。

DSC05936pd.jpg

私も、ベトナムの人たちと同じに、平和を望んでいる。
その平和を、子供、孫たち、さらにひ孫までも、続いて欲しい。
そのため、私に出来ることを確実に実行すべきと思っている。
それは、今の日本国憲法を守っていくことだ、と確信している。
全ての原点は、ここにある。
今の政治家の話を聞いていると、いつか来た道に戻ろうとしている。
自衛隊を海外に派遣し、血を流すことが世界への貢献と誤解している。
自分に都合のいい方向に憲法を変え、利用しようと考えている。
ベトナムも、日本も、絶対再び戦争を起こし、犠牲者を出してはいけないのだ。

DSC05944pd.jpg

朝早いホテルのロビーとホールには、まだ人影はなかった。
それでいて、穏やかさを醸し出している。

DSC05911pd.jpg

海を眺めるティーサロンに、スタッフがいた。
夜7時頃、空港に出発するまでの間、ここで、大ジョッキの生ビールを頂いた。
おつまみ付き、一杯500円だった。
ホテルでの生ビールだから、日本なら1200円は覚悟しなければならないだろう。

DSC05954pd.jpg

ホテルロビーの天井を見上げると、素晴らしいデザインの竹細工調シャンデリアが飾られていた。

DSC05913pd.jpg

いよいよ、ご期待の朝食時間となった。
朝食は、朝7時からとなっていたが、混む時間を避け、8時30分頃に出かけた。
それでも賑わっていた。
食事スタイルは、どこでも行われているカフェテリア。
スペースは、優に200人以上利用できる広さだ。

DSC05978pd.jpg

それでは、朝食メニューを案内する。
全てのメニューを撮影したが、全ては編集の都合掲載できないことをお断りしておく。
ここでは、パン類が並んでいた。

DSC05958pd.jpg

次にフルーツ。
日本で見かけるようになった南国フルーツだが、食べるのは初めてのものが多かった。

DSC05959pd.jpg

次は、野菜。
野菜の種類の豊富さには、驚かされた。
残念ながら、その名前が分からない。

DSC05960pd.jpg

そして、ハム、チーズ、ヨーグルト。
調べると、ベトナムでは、ハムの種類が豊富とのこと。
これも、美味しく頂いた。

DSC05961pd.jpg

ここでは、ソーセージとベーコン。

DSC05966pd.jpg

ここでは、グラノーラ。
色々な種類の穀物を、自分風にミックスして、頂くことが出来た。
日本では、フルーツグラノーラが人気だが、ドライフルーツも準備していたに違いない。

DSC05975pd.jpg

そして、ベトナムのフォー。
ここが一番、豪勢な感じがした。
フォーに加えるトッピングと味付けが豊富なのだ。

DSC05976pd.jpg

レストランの高い天井を見上げると、日本の古民家のような、立派な梁が見えていた。
これだけを見ても、ここはアジアなんだと、ほっと出来た。
ベトナムの人は、小さい人が多かったが、話しかけるとすぐ笑顔が返って来た。
みんなが英語を理解するわけではなかったが、言葉が通じなくても、心の通う安心感があった。
それが、食べ物全てにも表れ、全部食べたくなるほど、食欲をそそられた。

DSC05996pd.jpg

この後、私たちは、ハン市場を訪ね、街を見て回った。
昼食は、街中のピザ屋に寄って食べた。
日本と変わらないスタイルと味で、美味しかった。
コーラを飲みながら大きなピザを食べたが、500円だった。

下のロビーの画像は、午後7時、空港に向かうバスを待つ間撮影した。
竹細工のシャンデリアに明かりが灯り、幻想的。
とても雰囲気があった。

DSC06045pd.jpg

ティーサロンから見た、たそがれの海。
海の波は、太平洋とは異なり、まるで湖のように静かだった。
ここで毎晩、午後6時からギター弾き語りのライブがあった。
海を見ながら、ビートルズなど知っている歌が流れ、
またいつ来るか分からないベトナムに、少し心残りを感じていた。

DSC06049pd.jpg

こちらからは、 ドローンで撮影した聖アンナ教会の動画 を見ることが出来ます。
なお、挙式されたお二人の、お幸せな画像は、こちらからご覧いただけます。Happy Wedding !!
  ( 掲載の画像は、お許しを頂いた挙式者様だけの画像で、挙式者様すべてではございません )


人気ブログランキングへ  ban_anna1.jpg  聖アンナ教会結婚式のイメージ!!
プロフィール

司祭 ヨハネ 橋本光明

Author:司祭 ヨハネ 橋本光明
 Rev.John M.Hashimoto
福島県福島市にある吾妻高原聖アンナ教会の牧師・司祭。
出身地は、福島県いわき市平。
1947年(昭和22年)3月生。
日本聖公会仙台基督教会(宮城県)、鶴岡聖公会(山形県)、米沢聖ヨハネ教会(山形県)、二本松聖マリヤ教会(福島県)、福島聖ステパノ教会(福島県)の牧師および管理牧師、福島聖愛幼稚園の園長として勤務。
挙式組数が、3000組を超え、朝、夕の祈りに、挙式者を覚え、ご家族のご健康と、幸せを祈る毎日です。
モットーは、キリストが、十字架の死を通して、自己犠牲と無償の愛を示された。その愛を、自らも実践し、キリストの愛を、一人でも多くの人に伝えたい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード